お宅訪問で見えた「お金が貯まる家」の共通点

主婦雑誌の編集者が見てきた「真実」

6 ながらTVをしない

年間100万円貯めているお宅に取材に行って、TVがついているケースはほぼなかった。番組を見てもいないのに、ついBGMがわりにつけっぱなしという家庭は改めたほうがいいかもしれない。電気代のムダでもあるし、TVショッピングの誘惑にもさらされてしまう。それに、親がダラダラTVを見ていると、ながらゲームをしている子どもをしかっても説得力がないだろう。貯めている家庭は時間の使い方もうまいものだ。

なお、冷暖房はエコモードにしているお宅が多かった。冬場に取材に行くときは厚着マストだったことを思い出す。

7 小銭貯金好き

いかにも、ちまちました節約術じゃないかと笑ってはいけない。年間100万円貯めている家であっても、小銭貯蓄はしているのだ。着実に貯めている家庭は、まず給与からの先取り貯蓄をしているが、そのほかにも、日々のやりくり費が余ったらそれも貯める「残し貯め」や「500円玉貯金」、そして、財布の小銭はじめカバンの底やポケットの中から出てきた小銭を貯める「小銭貯金」など、とにかく細々貯めているものだ。500円玉貯金や小銭貯金で貯まったおカネは、家族の外食やレジャーで使う。だから、主婦だけでなく家族が協力して貯めてくれる。家族の楽しみのために皆で頑張りましょうとの目標を共有できる家は、大きなおカネも貯まりやすいといえる。

夫婦仲がいいことは重要ポイント

8 夫も家事にかかわる 

先にも述べたが、夫婦仲がいいことは貯まる家庭の重要ポイントだ。もし、妻だけが家事を負担しているという不満が積もり積もると、ストレス解消のための出費が増えがちだ。友達との気晴らしランチ代や自分へのご褒美としてアクセサリーや服を買い込んだり。元来、おカネを使うことは楽しいはずが、憂さ晴らしに使うとすれば二重にもったいない。さらに、妻の不満が夫に向けられると、家にまっすぐ帰りにくくて寄り道が増え、夫側もムダ出費が増えてしまう。

共働きであってもなくても、家事は妻任せが当然という態度は節約上も得策ではない。同様に、おカネのこともどちらかに任せきりというのも、いざふたを開けてみたら思っていたほど貯まっていなかったというケースも多い。家事も家計も、片方だけの責任ではなく夫婦でコミットし、情報公開を密にしておくことを心からおすすめしたい。これからの長寿社会においては、家事スキルは必須となるので、今のうちに奥様に習っておくにこしたことはない。

おカネは家族の幸福な未来を叶えるために貯めるものだ。貯めることが、誰かの我慢やストレスのもとでは続かない。シンプルなむすびで恐縮だが、お互いへの感謝や協力あってこそ、貯まる家になれるのだと思う。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ビジネスに効く<br>最強の健康法

現代人の大きな悩みである健康。多忙なビジネスパーソンのため、すぐに実践でき即効性がある健康法を厳選。糖質制限簡易版に加え「ゾンビ体操」「これだけ体操」を大きなイラスト入りで紹介。健康経営、健康ビジネスに踏み出す企業も満載。