プロ野球の「球場PV」はどこまで普及するのか

スタジアムの稼働率向上は共通の課題だ

これに対し、ビジターゲームのPVは、当日中継している放送局から映像の提供を受ける必要があり、球団単独では自己完結しない。球場という限られたキャパの範囲でしか集客ができないプロ野球興行では、キャパを超える需要が発生する繁忙時には機会損失が発生してしまう。

その一方で、プロ野球のホームゲームの開催日は年間に約70日しかない。12球団中、球場が自前でなく、管理運営する権利も得ていないのは北海道日本ハムファイターズ、読売巨人軍、東京ヤクルトスワローズの3球団だけ。残りの9球団にとって、残り約290日の稼働率向上は共通の課題のはずだ。

ビジターゲームのPV標準化は球団もファンも幸せに

2017年シーズンはソフトバンクもリーグ優勝決定戦と日本シリーズ2試合の合計3試合で、楽天もCSの8試合で、敵地開催ゲームのPVを本拠地で実施している。今のところリーグ優勝決定戦やCS、日本シリーズのPVはファンサービスの一環という位置づけなので、入場料はいずれも無料だが、無料だから人が集まったというわけではあるまい。

もしもシーズンを通してビジターゲームのPVを標準化することができたら、ファンは喜ぶだろうし球場の稼働日数も大幅に増える。パ・リーグ6球団は既に、球団が外部の映像制作会社にオペレーションを委託する形で基本映像を制作している。基本映像には実況も解説も付けており、6球団の基本映像を集めてインターネットで有料放送しているパ・リーグTVも、6球団分網羅した番組の配信開始から今年で10年になる。

既に一定のノウハウが蓄積されているはずなので、ビジターゲームのPVを標準化するためのインフラとして活用できそうな気がする。もともとパ・リーグTVは、応援しているチームのゲームはホーム、ビジターともに見たい、というファンのニーズに応えるために誕生している。

球団が基本映像を制作するとテレビ局と利害が対立するため、親会社グループにテレビ局があるセ・リーグでは球団間の足並みが揃わず、実現のためのハードルはパ・リーグよりも高そうだが、できるところから始めてみてほしいと思う。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 財新
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT