プロ野球の「球場PV」はどこまで普及するのか

スタジアムの稼働率向上は共通の課題だ

横浜DeNAベイスターズ対福岡ソフトバンクホークスの日本シリーズ第3戦 。19年ぶりに横浜スタジアムでプロ野球日本シリーズが開催された。2017年10月31日(写真:共同通信社)

年が明け、プロ野球選手の自主トレが始まった。この後、春季キャンプ、オープン戦と続き、3月30日に公式戦が開幕する。

各球団が本拠地を置く首都圏以外の地域では、今もプロ野球の中継は、地域によっては2桁台の視聴率も見込める、ゴールデンタイムの主要コンテンツだ。それでもビジターゲームまでコンスタントに放送されているのは、関西地区での阪神戦くらい。

敵地開催のリーグ優勝決定戦や、クライマックスシリーズ(以下、CS)、さらには日本シリーズとなれば、視聴ニーズは高まるものの、確実に全国放送されて視聴できるのは日本シリーズくらいだ。

スカパー!なら全球団の全試合を網羅しており、視聴できない地域は一部の離島などに限られる。ほぼ全国どこからでも視聴できるが、有料放送だけにハードルは高い。

本拠地球場で開催されるパブリックビューイング(以下、PV)は、遠く離れた敵地開催のゲームを通い慣れた本拠地球場で見られるだけでなく、同じチームを応援する、見ず知らずのファン同士で盛り上がれる。

悪天候の中、5000人超が観戦

プロ野球史に残る壮絶なゲームとなった、昨年10月15日のCSファーストステージ第2戦。甲子園球場で阪神タイガース、横浜DeNAベイスターズ両軍の選手が、どしゃぶりの雨の中、泥まみれで戦っていた頃、ベイスターズの本拠地・横浜スタジアム(以下、ハマスタ)では、このゲームのPVが開催されていた。

この日は全国的に雨。甲子園同様、強弱を繰り返しながら断続的に雨が降る悪天候の中、無料開放されたハマスタには、球団オリジナルの青い雨合羽に身を包んだ5455人のファンが集まった。

このゲームを生中継していたのは、衛星放送ではNHKのBSと、タイガースの公式戦ホームゲームの大半を放送しているスカパー!のGAORA。地上波では、関西ローカルでは前半はテレビ朝日系列の朝日放送が、後半は朝日放送制作の映像を独立系のサンテレビが放送。

次ページ各社が生中継
関連記事
トピックボードAD
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 銀河を渡るを読む
  • 中原圭介の未来予想図
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SONY静かなる再興<br>自動車ビジネスに本腰

「人命にかかわる事業はやらない」という不文律を破り、車載製品に本格参入するソニー。今後3年で1兆円を投資する主軸、得意の画像センサーを自動運転システムに展開する。最高益のその先を支えるカネのなる木となるか、禁断の果実か。