「仕事と子育ての両立」ができている人の特徴

「育休以前の自分」と比べるのは無意味だ

産休から復帰しましたが、努力の方向性がわからなくなりつつあります(写真 : プラナ / PIXTA)

→安井さんへのキャリア相談は、こちらまでお送りください。

以前、長期の育休明けの職場復帰についてアドバイスをいただいた原と申します。その節はありがとうございました。
その後、何とか無事に職場復帰を果たし、今はまた公務員として仕事をさせていただいています。
ここから、今回の相談です。実は、4年近くのブランクの間に組織の人員削減がかなり進んでしまい、自分でもできると思える仕事がほとんどなくなってしまいました。これは長期の休暇という非常に贅沢な権利を行使した結果なので誰も責めることはできません。すべては私の責任です。
復帰して2年になります。一時は長時間の残業と残った時間をすべて独学につぎこんで挽回しようとしましたが、かえって体調を崩し、今は比較的負担の軽い仕事をさせてもらっています。
正直、来年も同じ組織にいられる自信がありません。にもかかわらず、挽回の努力をする余力もありません。4年の育休の間にコミュニケーション能力も落ちていると思います。
努力の方向性がわからなくなりつつあります。安井様は以前の相談で、小さい子どものいる女性を採用されていたと書かれていました。そのなかで仕事を続けている女性にはどのような特徴がありましたか。それがコミュニケーション能力のようなものの場合、自分で何とかできるものなのでしょうか。よろしくお願いいたします。
公務員 原(仮名)

落ちているのは仕事に対する自信だけ

この連載の記事一覧はこちら

育児休暇明けに復帰されたのですね。まずはおめでとうございます。育児に仕事にと非常に大変な日々を送られているかと心中を察します。

さて、4年間の育児休暇を経て復帰をされたものの、コミュニケーション能力が落ちているのでは、ということを不安に思われているようですが、落ちているのは仕事に対する自信だけでしょう。

普段のコミュニケーションに問題ない人が仕事におけるコミュニケーションに悩まれるケースの大半がこの仕事に対する自信のなさに起因します。

次ページ自信がないと…
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • iPhoneの裏技
  • コロナ戦争を読み解く
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。