雲は見上げる存在ではなく「愛でるもの」だ

身近な存在ながらあまり知られていない実態

東京上空の雲の様子(写真:まちゃー / PIXTA)
身近な存在でありながら本当はよく知られていない雲の実態。雲研究者で『雲を愛する技術』を著した荒木健太郎氏が雲に対する愛と情熱を語ります。 

 

「子どもの頃はよく空を見上げていたんだけど、最近は全然見てなかった」こんな話をよく聞きます。みなさんは覚えているでしょうか、いかにも夏という感じの、青空に映えるモクモクした雲の壮大さを。みなさんは見たことがあるでしょうか、激しい雷雨の過ぎ去った空にかかった、心打たれるような美しい虹を。

雲は空を見上げればほとんど毎日見ることのできるとても身近な大自然です。もしかすると、殺伐とした社会の中で大人になり、空を見上げる機会の少なくなってしまった方が多いのかもしれません。

雲を愛する技術とは

雲には様々な姿の子がいて、名前も違えば性格も違います。人間と同じく個性があるのです。みなさんにも気になる人がいれば、その人の名前や性格を知りたくなると思います。見た目の美しさや格好良さも含めて好きになってくると、その人を観察し続けるので、背の高さやよく一緒にいる人、育った環境、行動パターンがわかってきます。だんだん好きをこじらせてくると、行動を先読みして会いにいけるようにもなります。これらは全て人だけではなく雲の話に置き換えることができます。

地球で生きる私たちは、雲とは深い縁で結ばれています。雲はほとんど毎日顔を合わせるので、家族のような存在です。そんな身近な存在だからこそ、見た目だけでなく性格や行動パターンを少し知っておけば、相手のことを好きになって上手に付き合えるようになるのです。

雲と上手に付き合えるようになると、まず美しい雲や空に自分から会いにいけるようになります。現象のしくみや発生条件など少しの背景知識があるだけで、美しい現象と出会える確率が飛躍的に上がるのです。そして、雲の機嫌が悪そうなときは適度な距離を置けるようになり、気象災害から身を守れるようにもなります。

雲や空から天気の変化を予測することは「観天望気」と呼ばれており、雲たちは身体を張って私たちに空の気持ち(状態)を伝えてくれます。災害をもたらす雲は悪者扱いされがちですが、実は私たちに前兆現象を見せ、危険を知らせてくれるのです。このように、雲を愛する技術は日常的に雲を愛でて親しみながら、雲が私たちに伝えてくれる空の気持ちを汲み取るための技術です。

次ページ雲の愛で方は人それぞれ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT