部下の長所を引き出すのが上司の重要任務だ

エディー・ジョーンズ氏の「コーチング」極意

エディージョーンズ氏はイングランドで2015年に開催されたラグビーワールドカップ(W杯)で日本代表を奇跡の勝利に導いた(撮影:尾形文繁)
世界中を震撼させた「ジャイアントキリング(番狂わせ)」から2年あまり。ラグビー日本代表でヘッドコーチ(HC)を務めたエディー・ジョーンズ氏。2015年に行われたW杯では同氏の采配の下、代表チームは大躍進を遂げた。予選トーナメントでは大会史上初の3勝を記録。決勝トーナメント進出はあと一歩で逃したが、ラグビー強国の一角、南アフリカを破ったシーンは多くのラグビーファンの脳裏に焼き付いている。
日本代表のHC退任後はラグビーの母国、イングランド代表のHCに就任。2019年に迫った日本開催の次回W杯制覇を目指す。来日した名伯楽のジョーンズ氏にコーチングの極意を聞いた。

まずは一人ひとりをじっくりと観察する

――最近の著書『勝つための準備』では「選手の能力を強化しようと思えば、一人ひとりの性格をよく理解しなければならない」などと強調しています。

大事なのはまず、一人ひとりの日常の態度を見ること。そのうえで、よくなるためには何が必要なのか考えます。

自分が率いた日本代表のメンバーでも、たとえば、アマナキ・レレイ・マフィ選手にはほとんど指導する必要がなかった。チームの中で彼にとって居心地のいい状況を作り上げ、皆から愛されているという感覚を持ってくれれば十分でした。そうすれば、彼はベストのパフォーマンスを見せてくれました。

――具体的にはどのようなことをしたのでしょうか。

腰のケガで入院していたとき、見舞いにいって日本代表のジャージを手渡しました。そのジャージにはW杯の試合日程が書いてありました。そこには彼がゲームに必要というメッセージが込められています。

――逆に細かな指導が必要だった選手は。

山田章仁選手は素晴らしいプレーヤーですが、以前はチームのためでなく自分のためにプレーしたがるような傾向もありました。チーム第一ということをわからせようと、あえてスコッド(代表選手)から外したこともあります。

五郎丸歩選手も2015年のW杯ではすばらしいパフォーマンスを見せましたが、彼を変えるまでには4年程度かかりました。

――性格、能力、考え方は一人ひとり異なるのに、教える側は多様性を認めようとしない。日本の企業社会にも同じことが言えそうです。

ラグビーのコーチとして初来日したとき、選手の抵抗感が強かったのを覚えています。皆が平等に扱ってもらわないと気が済まないというムードが漂っていました。

DNAは一人ひとり違うにもかかわらず、どうして皆を同じように扱わなければならないのでしょうか。むろん、チームのルールは大事。それを守らせながら、いかにより良いものを選手から引き出すのか。それがコーチや上司の重要な役割です。

次ページ優秀なリーダーは自ら部下に近づいて話を聞く
関連記事
トピックボードAD
  • 30歳とお金のリアル
  • 北朝鮮ニュース
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
シャープ製パネルで相次ぐ<br>火災事故の深層

19件中10件がシャープ製。消費者庁のデータに登録されている、太陽電池パネルに関連した火災事故の数だ。「原因が特定できない」とし、製品リコールに否定的なシャープ。対策が急務。