乾燥地獄を乗り切る「最適な保湿剤」の選び方

低刺激や無香料ならいいわけでもない

高いからといって、安全だとか効果的だという保証もない。「皮膚科医推奨」と書かれた商品は値段が張ることが多いが、「その表示には何の意味もない。推奨する皮膚科医が100人いるのか、10人なのか、それともたった1人なのか」と、シュは問いかける。シュの研究チームの評価では、最も高価な保湿剤は、最も多くのアレルギー物質(NACDGのリストにある8成分)を含んでいた。

オリーブオイルの意外なマイナス効果

合成添加物を避けるために、「オーガニック」とか「オールナチュラル」と表記された保湿剤を手に取る消費者もいるかもしれない。しかしこれらの保湿剤は、「必ずしも(アレルギー)反応を引き起こす可能性が低いというわけではなく、保湿性もさほど高くないかもしれない」と、シュは言う。

たとえば、オリーブオイルは肌からの水分の蒸発を増やすと、シュは指摘する。一方、最も保湿性が高く、アレルギー成分が含まれていない可能性が高いのは、ヒマワリ油、ココナツ油、そしてシアバターだという。

クリームや軟膏よりも水分の多い保湿ローションは、ほとんどの人にとって効果的で価格も手頃だ。肌に吸収されなかった分はすぐに蒸発するし、多くの消費者が嫌がるベタベタした感覚も残らない。超乾燥肌の人は、クリームか軟膏がいいかもしれない。保湿性が高い分、ローションよりも使用頻度が少なくて済むから、全体としてみればコストも悪くない。クリームは軟膏よりは水分があるので、ベタベタの軟膏とさらっとしたローションの中間といったところだろう。

保湿剤を使う理想的なタイミングは、入浴後。タオルで体を拭いて、湿った皮膚に塗れば、入浴で得た水分を肌の中に閉じ込めることができる。ただし、お風呂やシャワーは熱すぎない温度にするのがポイントだ。

(執筆:Jane Brody記者、翻訳:藤原朝子)

© 2017 New York Times News Service

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 大槻奈那先生、金融の修羅をゆく
  • 人生100年時代を生き抜く働き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小野薬品vs.本庶京大教授<br>大型新薬めぐり深まる溝

本庶佑教授と小野薬品工業がタッグを組んで生み出したがん免疫治療薬「オプジーボ」。ところが、本庶氏が特許の正当な対価として150億円の支払いを求め、小野薬品工業を提訴する方針を固めた。両者の関係はなぜこじれてしまったのか。

  • 新刊
  • ランキング