売れているビジネス・経済書200冊ランキング

初登場「お金2.0」が1位を獲得

『お金2.0』が初登場で1位を獲得した(写真:miya227 / PIXTA)

アマゾンの協力のもと、毎週配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本日お届けするのは、11月26日~12月2日のランキングだ。なお「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍には「NEW」と記載、前週順位が1000位以下の場合には「-」と記載している。

今週のランキングでは、フォーブス「日本を救う起業家ベスト10」、AERA「日本を突破する100人」などにも選ばれた佐藤航陽氏の『お金2.0 新しい経済のルールと生き方』(幻冬舎)が、初登場で見事1位に輝いた。12月2日、「日本経済新聞」に掲載された広告から注文が集まった模様だ。

前週ランク外から一気に10位にランクアップしたのが、『ミライの授業』(瀧本哲史著、講談社)だ。12月2日に「現代ビジネス」の記事で紹介され、一気にランクを上げた。

次ページ以降、194位までの200位までのランキングを掲載する。「ビジネス・経済書」のトレンドをつかむとともに、ご自身の勉強の参考にしてほしい。

次ページまずは1位~50位!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
不動産バブル崩壊前夜<br>あなたの街は大丈夫?

日増しに強まる「不動産価格は高すぎる」の声。融資姿勢の厳格化など、バブルは崩壊前夜の様相を呈している。投資市場と居住用実需の現場に迫るほか、首都圏主要駅別に2025年の地価を予測、下落率を一覧にした。