売れているビジネス・経済書200冊ランキング

京大人気教官の著書が1位を獲得

今週の1位は、京大人気教官のあの本(写真:msv / PIXTA)

アマゾンの協力のもと、毎週配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本日お届けするのは、12月3日~9日のランキングだ。なお「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍には「NEW」と記載、前週順位が1000位以下の場合には「-」と記載している。

今週のランキングでは、京都大学の人気教官である瀧本哲史氏の『ミライの授業』(講談社)が1位に輝いた。12月2日「現代ビジネス」に掲載された記事(京大ナンバーワン教官が教える「勉強することのホントの意味」)の影響が続いている模様だ。

前週22位から2位にランクアップしたのが『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)』(リンダ・グラットン著、東洋経済新報社)だ。12月6日放送のTBSテレビ「緊急!池上彰と考える ニュース総決算!2017」で池上彰氏によって紹介され、注文が集まった。

次ページ以降、198位までの200位までのランキングを掲載する。「ビジネス・経済書」のトレンドをつかむとともに、ご自身の勉強の参考にしてほしい。

次ページまずは1位~50位!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • トクを積む習慣
  • コロナ後を生き抜く
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の株入門<br>『会社四季報』公式!銘柄ガイド

コロナ禍で株価が激動、将来不安や在宅勤務で「株デビュー」する人が増えています。チャートの読み方、お得な優待銘柄、ネット証券の選び方など株式投資の入門情報を満載。四季報最新号のランキングによる銘柄選びも。

東洋経済education×ICT