売れているビジネス・経済書200冊ランキング

京大人気教官の著書が1位を獲得

今週の1位は、京大人気教官のあの本(写真:msv / PIXTA)

アマゾンの協力のもと、毎週配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本日お届けするのは、12月3日~9日のランキングだ。なお「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍には「NEW」と記載、前週順位が1000位以下の場合には「-」と記載している。

今週のランキングでは、京都大学の人気教官である瀧本哲史氏の『ミライの授業』(講談社)が1位に輝いた。12月2日「現代ビジネス」に掲載された記事(京大ナンバーワン教官が教える「勉強することのホントの意味」)の影響が続いている模様だ。

前週22位から2位にランクアップしたのが『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)』(リンダ・グラットン著、東洋経済新報社)だ。12月6日放送のTBSテレビ「緊急!池上彰と考える ニュース総決算!2017」で池上彰氏によって紹介され、注文が集まった。

次ページ以降、198位までの200位までのランキングを掲載する。「ビジネス・経済書」のトレンドをつかむとともに、ご自身の勉強の参考にしてほしい。

次ページまずは1位~50位!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT