売れているビジネス・経済書200冊ランキング

「会社四季報」が初登場で1位を獲得

『会社四季報』の最新号が初登場で1位を獲得(画像:hilite / PIXTA)

アマゾンの協力のもと、毎週配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本日お届けするのは、12月10日~16日のランキングだ。なお「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍には「NEW」と記載、前週順位が1000位以下の場合には「-」と記載している。

今週のランキングでは、年4回刊行されている企業情報誌の最新号『会社四季報 2018年1集新春号』(東洋経済新報社)が1位に輝いた。新春号は全上場企業の7割を占める3月期決算企業の中間決算実績を取り込んでおり、注目度が高くなっている。

前週96位から38位にランクアップしたのが『知的戦闘力を高める 独学の技法』(山口周著、ダイヤモンド社)だ。関連するコメントがTwitterで拡散され、注文が集まった模様だ。

次ページ以降、198位までの200位までのランキングを掲載する。「ビジネス・経済書」のトレンドをつかむとともに、ご自身の勉強の参考にしてほしい。

次ページまずは1位~50位!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小売り、外食…<br>値決めの勝者と敗者

値下げをすれば客が来る、値上げをすれば客が減るという常識が通用しない。「65円靴下」などの激安セールでも客離れに泣くしまむら。一方で、壱番屋やリンガーハットは値上げをしても客足は遠のかない。勝敗の分岐点はどこにあるのか。