売れているビジネス・経済書200冊ランキング

「数字は人格」が1位を獲得!

年末年始に読む本は、決まりましたか?(画像:msv / PIXTA)

アマゾンの協力のもと、毎週配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本日お届けするのは、12月17日~23日のランキングだ。なお「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍には「NEW」と記載、前週順位が1000位以下の場合には「-」と記載している。

今週のランキングでは、『数字は人格――できる人はどんな数字を見て、どこまで数字で判断しているか』(小山昇著、ダイヤモンド社)が1位に輝いた。経営における「B/Sの重要性」を説いた本書の考え方を取り入れてV字回復を果たした、全国51社の成功事例を収録しているという。

前週108位から12位にランクアップしたのが『日本電産 永守重信が社員に言い続けた仕事の勝ち方』(田村賢司著、日経BP社)だ。12月23日の日経新聞に広告が掲載され、注文が集まったもようだ。

次ページ以降、198位までの200冊ランキングを掲載する。「ビジネス・経済書」のトレンドをつかむとともに、年末年始の読書の参考にしてほしい。

次ページまずは1位~50位!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
  • 「日本の外交」超入門
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。