売れているビジネス・経済書200冊ランキング

「数字は人格」が1位を獲得!

年末年始に読む本は、決まりましたか?(画像:msv / PIXTA)

アマゾンの協力のもと、毎週配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本日お届けするのは、12月17日~23日のランキングだ。なお「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍には「NEW」と記載、前週順位が1000位以下の場合には「-」と記載している。

今週のランキングでは、『数字は人格――できる人はどんな数字を見て、どこまで数字で判断しているか』(小山昇著、ダイヤモンド社)が1位に輝いた。経営における「B/Sの重要性」を説いた本書の考え方を取り入れてV字回復を果たした、全国51社の成功事例を収録しているという。

前週108位から12位にランクアップしたのが『日本電産 永守重信が社員に言い続けた仕事の勝ち方』(田村賢司著、日経BP社)だ。12月23日の日経新聞に広告が掲載され、注文が集まったもようだ。

次ページ以降、198位までの200冊ランキングを掲載する。「ビジネス・経済書」のトレンドをつかむとともに、年末年始の読書の参考にしてほしい。

次ページまずは1位~50位!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。