ハウツー本で「変われない人」の根本的勘違い

「小さな変化」を確実に起こす5つのコツ

ついやってしまう悪い習慣を変えるには? 精神科医・名越康文の公式メルマガ「生きるための対話」からお届けします(写真:HiroS_photo / PIXTA)

「つい食べ過ぎてしまう」

「つい怒ってしまう」

「ついダラダラしてしまう」

あらゆる悩みの根源には、こうした「やってはいけないとわかってはいるんだけど、ついやってしまう」習慣があります。ダイエットをしたい人は「つい食べ過ぎてしまう」習慣をやめればいい。さらに言えば「悪い習慣をやめて、良い習慣を始める」ということさえできれば、悩みごとは解決です。部屋を片付けたい人は「散らかす」習慣をやめて「片付ける」習慣をつければいいわけです。簡単ですね。

「本気であれば」簡単なはずだが

この記事はプレタポルテ(運営:夜間飛行)の提供記事です

ただ、実際にはこの「ついやってしまう」(あるいは「ついサボってしまう」)習慣を変えることが難しいわけです。なぜでしょう?

もしも本気で「変えたい!」と思うなら、悩み事のほとんどは「すでに解決」しているはずです。なぜなら、本気で変えたいと思って変えられないことなんて、そうそうないからです。

「やせたいんです」

→「じゃあ、明日から食事の量を少し減らしましょう」

「英語を話せるようになりたいんです」

→「じゃあ、勉強したらいいんじゃないでしょうか」

ね? 簡単でしょう? 確かに「ボクシングで世界チャンピオンになりたい」とか「大金持ちになりたい」という悩みであれば、話は別です。でも、自分がいまやっている悪い習慣を良い習慣に変えるということに「できない理由」なんか本当はないはずなんです。

ただし、「本気であれば」です。

次ページどんなハウツーでも「負担ゼロ」はない
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
  • 今見るべきネット配信番組
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT