2018年の日本経済と戌年相場を考えてみよう 来年の「国内外主要イベントカレンダー」付き

印刷
A
A

ただし株価への影響はネガティブかもしれない。それというのも、米国の株式市場は昨年11月のトランプ当選の衝撃以来、「減税期待」で上げ続けている。どうせなら減税が決まった後に株を売って、手取りの利益を厚くしたいのが投資家の人情というもの。ゆえに減税が決まったら株を売って利益確定、「期待で買って現実で売る」となる公算が大である。レーガン減税のときも、株は売られた故事があることを指摘しておこう。

日本の株価は、バブルと呼ぶには気が早すぎる

逆に日本市場の先行きは明るい。11月末時点の東証1部時価総額671兆円は、バブルのピーク期であった1989年12月末の611兆円を約1割も上回っている。と言うと驚く人が居るかもしれないが、これを当時の名目GDPと比較してみると、1989年末のGDPは415兆円なので時価総額は47%増しであった。一方、現在の時価総額は、名目GDPの546兆円と比較すれば23%増し。若干高めではあるけれども、バブルと呼ぶには気が早いだろう。

「えっ、でもあのときの日経平均は3万8915円もあったのじゃ?」と思ったあなた、それはその通りなのだが、日経平均という指標は2000年の銘柄入れ替えによって、それ以前との連続性がかなり壊れている。はばかりながらこの点は、日本経済新聞社に忖度して多くのエコノミスト、ストラテジストが沈黙するところである。しかるに日経平均という指標は、2000年以降は有効であるけれども、それ以前との比較は時価総額を使う方が賢明だ。「日経平均はバブル崩壊後の最高値をつけて…」みたいな記事は、ふふんと笑い飛ばす方がよろしかろう。

おそらく日経平均2万2000円台の株価は、多くの国内投資家にとって「こんな高値じゃ怖くて買えない」水準であろう。外国人投資家が、日本株を「持たざるリスク」を意識して目をつぶって買い進んでくると、思わず売り浴びせてしまう。結果として投資家のキャッシュポジションが高まっているので、さぞかし今年の年末商戦では高額商品が売れることだろう。

とはいえ、筆者の結論は「米株はベア、日本株はブル」。以下にご参考までに、最後に2018年の主要日程を掲げておく。

<2018年の内外主要日程>

・平昌冬季五輪(韓国、2月9日~25日)→北朝鮮問題はどうなるか?

・中国全人代(3月上旬)→第2期習近平体制の政府人事が確定

・ ロシア大統領選(3月18日)→偶然?「クリミア併合4周年」の日に実施

・ NAFTA再交渉の期限(3月末)

・「ポスト黒田」?(4月8日)→日銀総裁の後継人事。続投説が濃厚

・G7サミット(6月8-9日)→カナダのケベック州、シャルルボアで開催

・FIFAワールドカップ(ロシア、6/14~7/15)→サムライブルーに期待

・「平成」の次の新元号公表(6月頃?)

・メキシコ大統領選挙(7月)

・ リーマン・ブラザーズ社倒産から10年(9月15日)

・安室奈美恵引退(9月16日)

・自民党総裁選(9月中)→「安倍3選」か、それとも「岸破聖太郎」か?

・明治150年記念式典(10月)

・米中間選挙(11月6日)→上院は100議席中34議席が改選(民主党25対共和党9議席)。下院の435議席(共和党240、民主党194)は全数改選

・ APEC閣僚会議(パプアニューギニア、11月12日~18日)

・東アジアサミット(シンガポール、11月?)

・TPP11署名式(期日未定)→大筋合意から各国批准、2019年発効へ?

・G20サミット(アルゼンチン、期日未定)→2019年は日本開催

次ページさて競馬コーナー。週末は中京でのダートG1戦!
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT