日本株をガッツリ買っている外国人の「正体」

米国に出張してわかった「2つの深刻な真実」

米国に定期出張した筆者に、市場関係者が語ったホンネとは何か(tsuppy / PIXTA)

11月13日(月)~18日(土)まで、ニューヨークとワシントンD.C.に出張、取材をしてきた。筆者の関心事項は多岐にわたり、取材で得た内容もさまざまだが、日本や米国の証券市場動向では、2つの点が極めて印象的だった。

米国の投資家やアナリストは、かなり楽観的?

まず1つは、米国経済や証券市場に対する現地投資家やアナリスト等の見解だ。景気については「特に死角はない」という見解がほとんどで、多少景気拡大の速度が低下しても、緩やかな景気拡大が長く持続するだろう、との見方だった。さすがに景気回復期間は、今年10月末までで満100カ月の拡大となり史上3番目と長い。そのため「いずれ自然に景気後退期に入るのではないか」との見解はあった。

だが、そうした識者でも、後退にはいるのは2018年ではなく2019年以降のいつか、という意見だった。このため、米国株価については、景気面からは、いわゆる「ゴルディロックス相場」、すなわち企業収益の悪化を懸念するほどは、景気は弱くなく、米連銀の急速な引き締めを懸念するほどは景気は強くないので、べたべたと緩やかな株価上昇がずっと持続するだろう、との観測がメインシナリオとなっていた。

しかし、米国で資産運用を行なって何十年、というベテランファンドマネジャーたちは、「米国株は予想PER(株価収益率)でみて、明らかに高すぎるし、皆が皆、ゴルディロックス相場が続く、と考えている今の状態は、長年の経験では危ない」と、浮かない顔つきをしていた。

そうした警戒感を表明したファンドマネジャーたちに、「では、あなたの運用機関では株式を売却し、保有比率を落としたのか」と尋ねてみた。
彼らの答えはどうだっか。

次ページファンドマネジャーたちは、どう動いているのか?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT