日本株をガッツリ買っている外国人の「正体」

米国に出張してわかった「2つの深刻な真実」

米国に定期出張した筆者に、市場関係者が語ったホンネとは何か(tsuppy / PIXTA)

11月13日(月)~18日(土)まで、ニューヨークとワシントンD.C.に出張、取材をしてきた。筆者の関心事項は多岐にわたり、取材で得た内容もさまざまだが、日本や米国の証券市場動向では、2つの点が極めて印象的だった。

米国の投資家やアナリストは、かなり楽観的?

まず1つは、米国経済や証券市場に対する現地投資家やアナリスト等の見解だ。景気については「特に死角はない」という見解がほとんどで、多少景気拡大の速度が低下しても、緩やかな景気拡大が長く持続するだろう、との見方だった。さすがに景気回復期間は、今年10月末までで満100カ月の拡大となり史上3番目と長い。そのため「いずれ自然に景気後退期に入るのではないか」との見解はあった。

だが、そうした識者でも、後退にはいるのは2018年ではなく2019年以降のいつか、という意見だった。このため、米国株価については、景気面からは、いわゆる「ゴルディロックス相場」、すなわち企業収益の悪化を懸念するほどは、景気は弱くなく、米連銀の急速な引き締めを懸念するほどは景気は強くないので、べたべたと緩やかな株価上昇がずっと持続するだろう、との観測がメインシナリオとなっていた。

しかし、米国で資産運用を行なって何十年、というベテランファンドマネジャーたちは、「米国株は予想PER(株価収益率)でみて、明らかに高すぎるし、皆が皆、ゴルディロックス相場が続く、と考えている今の状態は、長年の経験では危ない」と、浮かない顔つきをしていた。

そうした警戒感を表明したファンドマネジャーたちに、「では、あなたの運用機関では株式を売却し、保有比率を落としたのか」と尋ねてみた。
彼らの答えはどうだっか。

次ページファンドマネジャーたちは、どう動いているのか?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT