「iDeCo」「NISA」「積立NISA」、選ぶならどれ?

「投資初心者」がひそかに悩む大問題

今から投資をしてもいいのか。「iDeCo」と「NISA」「つみたてNISA」の どれを使うべきなのか(写真:muu / PIXTA)

投資初心者からいちばん多い質問とは?

この連載の記事はこちら

ここしばらく、金融庁が「つみたてNISA」の普及に力を入れていることもあって、筆者は、個人投資家や、これから投資家になろうとする人たちと話をする機会が増えた。

彼らから最も多く受ける質問は、「株価が随分値上がりしてしまったけれども、今から株を買ってもいいのだろうか」というものだ。

結論から言うと、「今投資しても、まったく問題はない」。日経平均株価でいうと、現在の2万2000円台で投資するよりも、つい3カ月前には2万円割れで買えたのだから、そのときに買いたかったという気持ちはわかる。「下がったら、買いたい」というのは自然な心理だ。

しかし、株価が都合よく下がってくれるかどうかは、まったく不確実だ。株価指数が1割や2割下がることはよくあることだが、それが起こるのは、現在よりももっと高い水準まで上昇してからかもしれない。

多くの個人は、最終的には20年、30年後の「老後」に備えた資産形成のために投資するのだろうから、「将来の株価水準から見たら、現在の株価の上下は誤差の範囲だ」というくらいの大らかな気分で、自分にとって適切だと思うリスク資産を「時間を置かずに」持つことを考えるべきだ。

(1)いつがいいときなのか判断できないが、(2)長期的にはリターンが高いだろうと思って株式に投資する、ということなので、筆者は、投資タイミングを分けて投資することに合理的な意義を感じないが(機会損失と、手間・売買コストの損があるから)、何も投資しないよりは、何回かに分けて投資してみるというアプローチでもいいだろう。妥協したうえでのセカンドベストとして認めよう。

次ページ今の株価は高すぎないか?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • 就職四季報プラスワン
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中間決算に透ける踊り場<br>企業業績は減速が鮮明に

世界経済が踊り場を迎えている今、中間決算発表に伴う業績予想の修正が出そろった。2018年度の営業利益は前年比4.6%増と、17年度の12.9%増から減速する。『会社四季報』業界担当記者が、明暗分かれる業種内の「優勝劣敗」を解説する。