「iDeCo」「NISA」「積立NISA」、選ぶならどれ?

「投資初心者」がひそかに悩む大問題

今から投資をしてもいいのか。「iDeCo」と「NISA」「つみたてNISA」の どれを使うべきなのか(写真:muu / PIXTA)

投資初心者からいちばん多い質問とは?

この連載の記事はこちら

ここしばらく、金融庁が「つみたてNISA」の普及に力を入れていることもあって、筆者は、個人投資家や、これから投資家になろうとする人たちと話をする機会が増えた。

彼らから最も多く受ける質問は、「株価が随分値上がりしてしまったけれども、今から株を買ってもいいのだろうか」というものだ。

結論から言うと、「今投資しても、まったく問題はない」。日経平均株価でいうと、現在の2万2000円台で投資するよりも、つい3カ月前には2万円割れで買えたのだから、そのときに買いたかったという気持ちはわかる。「下がったら、買いたい」というのは自然な心理だ。

しかし、株価が都合よく下がってくれるかどうかは、まったく不確実だ。株価指数が1割や2割下がることはよくあることだが、それが起こるのは、現在よりももっと高い水準まで上昇してからかもしれない。

多くの個人は、最終的には20年、30年後の「老後」に備えた資産形成のために投資するのだろうから、「将来の株価水準から見たら、現在の株価の上下は誤差の範囲だ」というくらいの大らかな気分で、自分にとって適切だと思うリスク資産を「時間を置かずに」持つことを考えるべきだ。

(1)いつがいいときなのか判断できないが、(2)長期的にはリターンが高いだろうと思って株式に投資する、ということなので、筆者は、投資タイミングを分けて投資することに合理的な意義を感じないが(機会損失と、手間・売買コストの損があるから)、何も投資しないよりは、何回かに分けて投資してみるというアプローチでもいいだろう。妥協したうえでのセカンドベストとして認めよう。

次ページ今の株価は高すぎないか?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 買わない生活
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT