2018年の日本経済と戌年相場を考えてみよう 来年の「国内外主要イベントカレンダー」付き

印刷
A
A

ここから先は、競馬ファンのみ御用達のコーナーとなる。

今週末はチャンピオンズカップ(12月3日、中京競馬場11R)。かつてはジャパンカップダートと呼ばれ、ダート馬の世界一決定戦という触れ込みであった。ところが海外からの参戦が少ないものだから、2014年にはとうとう国際招待制を廃止することになり、日本一決定戦に仕切り直しをした。場所も阪神から中京競馬場に移して、今年は4回目である。

過去3回分のデータをひも解くと、とにかく荒れる。2015年なんて、12番人気―3番人気―5番人気で3連単が31万円でしたからな。中京競馬場1800mは高低差もあって癖のあるコース。人気を見ると、サウンドトゥルー、テイエムジンソク、アウォーディーの3頭が堅そうだが、おそらくその通りには来ないのではないか。

ついでに言えば、今回は優勝請負人ミルコ・デムーロ騎手が騎乗しない、というのも悩ましい。何しろ先々週のぐっちーさんのように、「困ったときのミルコ馬券」で取っちゃう人もおりますからなあ。

ジャパンカップダートは、欲張らずゴールドドリームで

そこでどうするか。悩ましいところながら、距離は違うものの、同じくダートのG1競争だった、今年のフェブラリーステークス(2月19日、東京競馬場11R、距離は1600)の覇者、ゴールドドリームを指名してみよう。最近はドバイ、大井、盛岡と「3連敗」しているので、程よく人気が落ちているのがかえってありがたい。そして鞍上は名手ライアン・ムーア騎手。1年を通じて日本で騎乗しているわけでもないのに、11月25日には、なんと1日6勝を挙げてJRA通算100勝を達成している。そろそろG1勝ちが来ても不思議はないところだ。

当日は欲張らずに複勝で十分。あるいは人気3頭のうち、調子の良さそうな馬にワイドで流すのも面白い。目指すは12月24日の有馬記念に向けての自己資本増強だ。酉の市に参ったご利益で「商売繁盛!」と行きたいところである。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT