「服装へのダメ出し」に怒る人が見落とす視点

「正解がない」からこそ紛糾する

自分の基準のおしゃれは、損をしてしまうかもしれません(写真:cba / PIXTA)
結婚・出産で大きく変化する女子の人生は、右にも左にも選択肢だらけ。20代はもちろん、30代になっても迷いは増すばかり。いったいどの道を選べば幸せに近づけるのか? 元リクルート“最強の母”堂薗稚子さんがお答えします。
※お悩み相談はこちらのアドレス(onnaーsodan@toyokeizai.co.jp)まで

 

【ご相談】
私は、法人営業を10年近くやってきて、最近は、重要な取引先も多く担当するようになりました。先日も役員帯同である大手取引先にご機嫌伺いに行ったのですが、その帰り道に、役員から私のスーツについて意見されました。その日は買ったばかりのライトグレーのノーカラージャケットとタイトスカートのスーツで、インナーもパンプスも無地で色も派手なものではありませんでした。でも、役員は「こういった場でのスーツはテーラードが基本だから、今後は紺や黒のテーラードスーツを着てくるように」と言うのです。でも、ノーカラーでもきちんとしている形だし、ショップの店員からも私はテーラードスーツはあまり似合わないと言われます。だから1着も持っていないのです。
そのように伝えたところ、「似合うかどうかなんて関係ない。カジュアルに見える。経費で買ってでもテーラードスーツにするべきだ」とまで言われました。
率直なところ、その役員の趣味、嗜好でしかないと思うのですが、買い替えたほうがいいのか。さまつな質問で恐れ入りますが、アドバイスをいただけると幸いです。

「仕事上の外見の常識」はバリエーションがさまざま

この連載の一覧はこちら

ふーむ。女性営業のスーツの形の「常識」や「是非」を問われているのであれば、私は完全に門外漢です。あなたの会社やお客様の業態や商材、お目にかかる方や同行してもらった役員の世代、タイプによっても、意見が分かれるでしょうし、あなたがどんなスーツ姿だったのかも想像するしかありませんから、どうこう言いにくいですねぇ。

しかし、あなたが役員とちょっと言い合いふうになってしまい、もやもやと腹立たしさが解消されないのだ、ということはよく伝わりました。多分、周囲のいろいろな人に「どう思います?」と意見を聞いても、「それはおかしい!」「あなたが正しいよ」と完全に同調してくれる人ばかりではないでしょう。「仕事上の外見の常識」はそのくらいバリエーションがさまざまなのです。個人的には、ノーカラーでもデザイン次第でまったく問題ないと思いますし、柔らかい印象が演出できてとてもいいと思いますけどね。

次ページ「何を言われたか」を考える
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT