「服装へのダメ出し」に怒る人が見落とす視点

「正解がない」からこそ紛糾する

自分の基準のおしゃれは、損をしてしまうかもしれません(写真:cba / PIXTA)
結婚・出産で大きく変化する女子の人生は、右にも左にも選択肢だらけ。20代はもちろん、30代になっても迷いは増すばかり。いったいどの道を選べば幸せに近づけるのか? 元リクルート“最強の母”堂薗稚子さんがお答えします。
※お悩み相談はこちらのアドレス(onnaーsodan@toyokeizai.co.jp)まで

 

【ご相談】
私は、法人営業を10年近くやってきて、最近は、重要な取引先も多く担当するようになりました。先日も役員帯同である大手取引先にご機嫌伺いに行ったのですが、その帰り道に、役員から私のスーツについて意見されました。その日は買ったばかりのライトグレーのノーカラージャケットとタイトスカートのスーツで、インナーもパンプスも無地で色も派手なものではありませんでした。でも、役員は「こういった場でのスーツはテーラードが基本だから、今後は紺や黒のテーラードスーツを着てくるように」と言うのです。でも、ノーカラーでもきちんとしている形だし、ショップの店員からも私はテーラードスーツはあまり似合わないと言われます。だから1着も持っていないのです。
そのように伝えたところ、「似合うかどうかなんて関係ない。カジュアルに見える。経費で買ってでもテーラードスーツにするべきだ」とまで言われました。
率直なところ、その役員の趣味、嗜好でしかないと思うのですが、買い替えたほうがいいのか。さまつな質問で恐れ入りますが、アドバイスをいただけると幸いです。

「仕事上の外見の常識」はバリエーションがさまざま

この連載の一覧はこちら

ふーむ。女性営業のスーツの形の「常識」や「是非」を問われているのであれば、私は完全に門外漢です。あなたの会社やお客様の業態や商材、お目にかかる方や同行してもらった役員の世代、タイプによっても、意見が分かれるでしょうし、あなたがどんなスーツ姿だったのかも想像するしかありませんから、どうこう言いにくいですねぇ。

しかし、あなたが役員とちょっと言い合いふうになってしまい、もやもやと腹立たしさが解消されないのだ、ということはよく伝わりました。多分、周囲のいろいろな人に「どう思います?」と意見を聞いても、「それはおかしい!」「あなたが正しいよ」と完全に同調してくれる人ばかりではないでしょう。「仕事上の外見の常識」はそのくらいバリエーションがさまざまなのです。個人的には、ノーカラーでもデザイン次第でまったく問題ないと思いますし、柔らかい印象が演出できてとてもいいと思いますけどね。

次ページ「何を言われたか」を考える
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT