「服装へのダメ出し」に怒る人が見落とす視点

「正解がない」からこそ紛糾する

私には、このご相談の本質は、「何を言われたか」よりも「誰に言われたか」「どんな言い方をされたか」のほうにあるように感じます。相手が普段から仕事もできて、外見もパリッとしている若手の役員だったとしたら、あるいはいつもメンター的な役割を果たしてくれている尊敬する先輩だったとしたら、カチンと来なかったかもしれません。また、「偉い人が一緒のときは、かちっとしたテーラードスーツを選んだほうが無難だよ」「堅いお客様だから、女性らしさを消して、ダークな色がいいかもね。紺とか、あなたにとても似合うと思うけど」などとあなたに配慮したアドバイスをされていたら、素直に受け止められたかもしれません。

要は、「あんたに言われたくない!」「そんな言い方しなくていいじゃない」と思ってしまったから、「わかってやっています」「プロも似合わないと言っています」「1着も持っていません」という言い方になり、役員まで「それじゃ経費で買えよ」と発言してしまったのでは? ちょっと子どもっぽい言い合いに見えてしまいます。この場合は、あなた自身の今後に役立てられるように、「何を言われたか」を考えたほうが建設的な気がします。

「誰から見てもオッケー」の範囲でおしゃれを楽しむ

ところで、ヘアサロンやネイルサロンに行くと、「仕事柄、どこまで許されるか」という会話になることがありますね。でも、サロンのスタッフはアドバイスはしてくれても、「ここまでなら許されますよ」と明言してくれることはないでしょう。業界によっては、髪の色は「〇番までの明るさ」とかネイルそのものがダメ、アートはダメとか、ルールが決まっていることもありますが、それは基本的には、お客様からの見え方をベースに決められていると思います。でも、派手に見えずまじめな雰囲気、だとか、清潔感を重視、だとかいっても、本来はものすごく主観的な価値観だから、ルールを決めるのは難しい。それでも、社員に「どこまで許されるか」を考えて判断させるよりもルールを明示したほうがわかりやすく、社員も従いやすいということで、校則のように目安が設定されているのだろうと思います。

そもそも、仕事上の服装やおしゃれについて、「許される」「OK」という言葉を使うということは、職場のうるさい先輩や上司なり、気難しいお客様だったり、または神妙にしておくべきシーンであったり、そういった「何か」「誰か」が「許可する」ことをイメージしてしまっている、ということなのかもしれませんね。そして、「アウトだったら困るな」とちょっと心配する気持ち、「指摘されたらどうしよう」とビクビクする気持ちがあるのかもしれない。であれば、仕事の場では、「許されるギリギリ」ではなくて、「誰から見てもオッケー」の範囲でおしゃれを楽しんだほうが、精神衛生上、楽ちんなように思います。

服装関連のことは、主観的なものだからこそ、「会社は仕事をしに来ているのだから、あなたの個性など出さなくていい」なんて言えないし、注意したりアドバイスしたりするのは、とても勇気がいることだったりするのです。私も、仕事で初めて会う人が、たとえば冬にブーツやカラータイツ、夏にミュールなどで現れたり、会議室に大きなリュックをしょったまま、コートを着たまま入ってきたり、名刺交換の際の親指があまりに派手なネイルだったりすれば、目を見張ってしまいます。

次ページ信頼関係に影を落とすことも…
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 忘れえぬ「食い物の恨み」の話
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT