「服装へのダメ出し」に怒る人が見落とす視点

「正解がない」からこそ紛糾する

過去にも、部下の親御さんのご葬儀に、複数の管理職で参列したとき、ネイルを落とさずにきた同僚を見て、「これはありなの?」と思ったことがあります。ただ、心の中で眉をひそめている自分を自覚しながら、顔にも言葉にも出しません。「こういう人なんだな」と思うくらいで、私には実害がなく、その人の問題だからです。

ただ、謝罪や「ネガティブな印象を絶対に与えたくない場」に、自分基準のおしゃれをして現れる人がいると、「この人とはもう仕事できないな」と思うことはありました。一緒に動くスタッフなどであれば注意するかもしれないですが、相手方であれば、その場では顔に出さずとも、それ以降の信頼関係に影を落とすことがあるかもしれません。つまり、自分でも気づかない間に、何も言葉にされずに、外見のことで損をしてしまうことがある、ということです。

まずは受け止めてみたほうが得

だとすれば、自分の基準とは違っていたとしても、なんらかの助言を受けたら、「そういう考え方もあるんだな」「自分はこう見られてしまったのだな」とまずは受け止めてみたほうが得になるような気がします。注意してくれたのに、ふてくされて二度とアドバイスしてもらえなくなれば、致命的なTPO違反をしてしまうかもしれないですしね。

その役員の価値観では、その場はテーラードがマストだったのでしょう。趣味や嗜好ではなく、冷静に話せば、きっと、「気難しいお客様だから」とか「自分が逆の立場なら〇〇と感じるから」とか、わかるように、理由を説明できるのではないかと思います。

もし言い合いの雰囲気のままで会話が終了しているのであれば、同行してくれたお礼メールとともに、自分の態度は詫びておいて、もう1度理由を聞いてみてはどうでしょうか。そして、法人営業を10年も頑張ってきて、会社の大事な取引先も任されているのであれば、アドバイスを受け入れて、1着、自分に似合うダークなテーラードスーツを買ってみたらどうかなと私は思います。ワンピースの上に着たり、ジャケパンでも活躍しそうなジャケットを選んでみては? それでも納得いかないのであれば、会社に置いておいて女性営業で着まわせるようなスーツを、数名で1着用意しておくことにするのもいいかもしれないですね。「経費でもいい」というのは役員の売り言葉に買い言葉のような気がするので、あまり深追いしないほうが役員の顔も立つような気がしますよ。

どちらにしても、こんなことで損をしたらもったいないので、これからは、役員や上司と営業に行くときは、打ち合わせのついでに、「こういう格好で行こうと思いますが、失礼はないでしょうか?」などと確認してみてはどうでしょうか。私が営業管理職をやっていた頃は、メンバーとの服装の打ち合わせは欠かしませんでした。商談にはシナリオと演出が必要ですから、演者として大事な打ち合わせテーマだと常々言っていたと思います。

女性営業にとってのスーツは、衣装だと私は思っています。似合うものを身に着けたい、自分らしいおしゃれをしたい、という気持ちはわかりますが、基本的には、場面とテーマで着こなしは変えるべきであり、「相手の主観」にこそ正解があるのです。「相手」には、商談の相手だけでなく、一緒に商談をつくる社内の相手も含まれるでしょう。

せっかく、これまでの努力を認められて、大事な顧客に、会社の代表として向かっているのですから、「言いにくいことを言ってくれているのだな」と少し素直になって、役員のアドバイスに耳を傾けてみることをお勧めします。

ルールブックがあってそのとおりにすればいいものと違って、服装や身だしなみには、仕事によって変わり、段々に身に付いてくるルールがあると思うのです。偉い人に食ってかかっても詮方ないことのように思えてなりません。試行錯誤しながら、少しずつ、あなたなりのルールを形作っていけたらいいのだと思いますよ。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ブックス・レビュー
  • 最新の週刊東洋経済
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT