子どもに教えたい「二重基準」を持つ重要性

自由な感性を失わずに、正答する方法

なぜこのようなことをお話しするかといえば、沼田さんのお子さんの「人とは異なる感性」を大切にしてもらいたいからです。もし、人と異なる感性を“正そう”としてしまうと、これからの時代に必要な大切な感性を奪ってしまうことになりかねません。

どのように感じるか、どのように考えるかは、もっと自由であっていいのです。そこからイノベーションが生まれ、世の中に貢献できる知見が生まれたりするのですから。

しかし、このように言われても、学校のテストでは、たった1つの答えにたどり着けたら○、違ったら×がつくため、いくら自由な考えや感性があっていいと言われても困りますよね。

×ばかりつけられていたら、子どもは自己肯定感が低下し、その子が本来持っている大切な感性や能力まで台なしになってしまうかもしれないということもあります。そこで、沼田さんには次のような解決策についてお話ししましょう。

それは、「ダブルスタンダードを持つ」ということです。

ダブルスタンダードとは、「その子が持っている独自の感性による基準と世の中一般の常識という2つの基準」を意味します。矛盾することなど、ネガティブな意味で使われることも多い単語ですが、ここではプラスの意味で使います。

ダブルスタンダードを持つには

このダブルスタンダードを持てるようにするには、筆者が、国語の授業で次のような2つのステップが参考になると思います。

【ステップ1】子どもの感性を大切にする(1つ目のスタンダード)

先生:「ではA君、この問題の答えは何を選んだ?」

子ども:「3番です」

先生:「どうして、3番にしたの?」

子ども:「なんとなく」

先生:「『なんとなく』を言葉にしてごらん」

子ども:「2段落に○○と書いてあって、そのような状況だと、3番に書いてあるようなことを主人公がやるかと思ったから」

先生:「なるほど。そう感じたんだね。じゃ、1番、2番、4番はどうして違うと思った?」

先生に指されて、間違った答えを言うと「違う」と言われ、別の生徒に当てていく。もしそんなことをしたら、子どもは今後、答えることを拒否することでしょう。「間違える=悪いこと=自己肯定感の低下」にしかならないと悟ることでしょう。

なぜ、違うのかという理由がわかることもなく、ただ違うと言われても子どもは困ってしまいます。なぜそう答えたのか、なぜ違うのかを知ることが「学び」なのですね。ですから前述の会話を見ていただくとわかると思いますが、はじめに正解、不正解とは言っていません。「なぜそれを選んだの?」「なぜほかを選ばなかったの?」の2点を聞いているだけなのです。そして「なるほど」ということで子どもの考えを受け入れています。

次ページステップ2は?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT