子どもに教えたい「二重基準」を持つ重要性

自由な感性を失わずに、正答する方法

息子がちょっと変わった感性を持っています(写真 : Greyscale / PIXTA)

※石田勝紀先生へのご相談はこちらから

小6の息子がいる母親です。ご相談がありメールしました。息子はどうしても国語の選択肢問題で正解が選べないようなのです。小さいときから、ちょっと変わった感性を持っていて、普通の子どもとは異なった感想を言ったり、行動をとっていたりする子です。このような子には、どのように対処してあげたらよいのでしょうか。
(仮名:沼田さん)

人とは違う感性を持っているのはすばらしいこと

この連載の記事一覧はこちら

沼田さんのお子さんは、人とは違う感性を持っているようですね。とても羨ましい限りです。

「人と異なっていることが問題だ」と相談しているのに、なぜ羨ましいと言うのか不思議に思われるかもしれません。しかし、実際、筆者のように教育という分野の仕事に30年近く携わっている者からすると、沼田さんのお子さんのような子どもには、とても大きな可能性を感じてしまうのです。

これまで20世紀型といわれる教育の世界では、「いかに人と同じことができるか」「全員がたった1つの答えを目指す」「学校は偏差値が高いほどいい」というようなことが当たり前のように展開されてきました。もちろんこれは悪いというものではありません。時代がそのような人物を求め、常識とみなされていただけのことです。

ところが近年、変化が大きく、答えのないこれからの時代に対応できる21世紀型スキルとか21世紀型能力が必要といわれるようになりました。それらのスキルや能力を学ぶために、「多様な学び」「双方向型の学び」「アクティブラーニング(主体的・対話的で深い学び)」という形態も出てきました。ご存じの方も多いかもしれませんが、2020年以降は学習指導要領の改訂や、大学入試センター試験の廃止、新しい入試形態の誕生などが予定されています。

こうした変化を脅威に感じる方もいるかもしれませんが、筆者はそうは思いません。人として「学びはもっと自由でいい」「さまざまな考えがあっていい」という、本来のあるべき学びの形へと回帰というポジティブな面もあると感じるからです。

次ページ「人とは異なる感性」は大切にする
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT