レイプ裁判、「被害者の匿名性」は守られるか 匿名性が正当化される3つの状況とは?

印刷
A
A

カリフォルニア州の州と連邦の裁判所の両方で、被告が訴訟を起こすことを認める自己裁量権を、裁判官は持っているのだ。そしてワインスタインを告訴している女性たちは、裁判所にこの裁量権の行使を期待している。

14日にこのプロデューサーを告訴した匿名の女優に加えて、ワインスタインと本人が設立した2社はまた15日、提案された集団訴訟において、この2社が同プロデューサーの不法行為の隠ぺい工作を行ったと主張する女優たちによって訴えられてもいたのだ。この女優達も身元を明かしてはいなかった(ワインスタインの代理人は、15日に起こされた訴訟に関するロイターの質問に、すぐに回答することはなかった)。

この提案された集団訴訟は、ロサンゼルスの連邦裁判所に提訴されている。ロサンゼルスでは、2000年の第9巡回控訴裁判所が、ドウ対アドバンスト・テキスタイル(214 F.3d 1058)でのジェイン・ドウのように、被告が仮名を使用できる場合の足がかりを提供していた。

匿名性が正当化される3つの状況

匿名性が正当化されるには、3つの状況が存在する、と同裁判所は述べた。つまり被告が裁判で名乗れば報復される恐れのある状況、本名を使えば、慎重に扱うべき個人的問題で原告のプライバシーを侵害する状況、身元を明らかにすることで原告が刑事訴追に晒される状況の3つだ。

こうしたシナリオの中で、原告の身元を隠す必要性が、被告への不利益の可能性や、原告の身元を知る国民の関心を上回っている、と裁判官が判断したに場合、匿名を認めると第9巡回控訴裁判所は述べていた。

カリフォルニア州(と第9巡回控訴裁判所の管轄のその他の場所)では、それ以来数十人の連邦裁判官が原告に、匿名で告訴することを認めてきた。こうした裁判は、自分の名前を明らかにすれば解雇される、と労働者たちが述べた労働争議から、宗教的指導者に対する性的虐待の申し立てまで多岐にわたっている。

裁判官は必ずしも匿名を認めるわけではない。たとえば、サンフランシスコのある連邦裁判官は今年既に、裁判手続きへの国民の関心の方が、独占禁止法違反のリーグを訴えたNFLのチアリーダーたちの精神的ダメージのリスクを上回ると結論付けていた。しかし私がウェストローからの引用を再検討した結果では、裁判所が性的暴力の犠牲者である原告のプライバシーを、保護する傾向にあることは確かだ。

次ページ性的虐待の申し立ての場合
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT