23歳女性がレイプ常習犯に取った行動とは?

インド・ケララ州知事は、その行動を称賛

インド国内では女性のレイプ事件が多発し、大きな社会問題になっている(写真 : keen77 / PIXTA)

防衛のために男性器を切り落とした

本記事は「ハフポスト日本版」からの転載記事です。元記事はこちら

インド南部のケララ州で5月19日、自宅に出入りしていた聖職者と称する男性にレイプされそうになった23歳の女性が、防衛のために男性器を切り落とすという事件が発生した。BBCなどが報じた。

インドの警察当局の発表によると、ヒンズー教の聖職者と称する54歳のハリ・スワミ容疑者は、健康状態が悪かった父親のために祈りを捧げる、という名目で、数年前からこの家に出入りしていた。

しかし、女性は、10代の頃からこの容疑者が自宅を訪れるたびに性被害に遭っていたと訴えている。

5月19日の夜、女性はレイプを試みたこの容疑者から身を守ろうと、ナイフで男性器を切断し、警察に自ら通報した。

容疑者は病院で緊急手術を受けた。病院の声明によると、男性器は90%以上が切断されて不安定にぶら下がった状態だった。元通りに縫い合わせることは不可能だという。

次ページ知事は、女性の自己防衛を称えている
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 中学受験のリアル
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小野薬品vs.本庶京大教授<br>大型新薬めぐり深まる溝

本庶佑教授と小野薬品工業がタッグを組んで生み出したがん免疫治療薬「オプジーボ」。ところが、本庶氏が特許の正当な対価として150億円の支払いを求め、小野薬品工業を提訴する方針を固めた。両者の関係はなぜこじれてしまったのか。

  • 新刊
  • ランキング