23歳女性がレイプ常習犯に取った行動とは?

インド・ケララ州知事は、その行動を称賛

インド国内では女性のレイプ事件が多発し、大きな社会問題になっている(写真 : keen77 / PIXTA)

防衛のために男性器を切り落とした

本記事は「ハフポスト日本版」からの転載記事です。元記事はこちら

インド南部のケララ州で5月19日、自宅に出入りしていた聖職者と称する男性にレイプされそうになった23歳の女性が、防衛のために男性器を切り落とすという事件が発生した。BBCなどが報じた。

インドの警察当局の発表によると、ヒンズー教の聖職者と称する54歳のハリ・スワミ容疑者は、健康状態が悪かった父親のために祈りを捧げる、という名目で、数年前からこの家に出入りしていた。

しかし、女性は、10代の頃からこの容疑者が自宅を訪れるたびに性被害に遭っていたと訴えている。

5月19日の夜、女性はレイプを試みたこの容疑者から身を守ろうと、ナイフで男性器を切断し、警察に自ら通報した。

容疑者は病院で緊急手術を受けた。病院の声明によると、男性器は90%以上が切断されて不安定にぶら下がった状態だった。元通りに縫い合わせることは不可能だという。

次ページ知事は、女性の自己防衛を称えている
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT