女子大生の悲痛「学生寮で2回レイプされた」

米コロンビア大学の学生が大学を訴える

襲った男はフレイジーさんの性的指向を理由に彼女を標的にしたことが「明らか」だった。写真はニューヨークのコロンビア大学キャンパス(写真:yacobchuk / PIXTA)

【注意】本記事には不快な気分を催す描写が含まれています。

アメリア・ロスキン・フレイジーさんはコロンビア大学の1年生の時、入学してまだ数カ月しか経っていなかった。彼女は自分のベッドでレイプされた。その2カ月後、フレイジーさんは学生寮の部屋で、1回目に襲われた同じ男に再びレイプされた。現在2年生の彼女は、対応を誤ったとして大学を訴えている。

「毎晩、悪夢を見ます。きちんと眠れればですけれど」と、フレイジーさんはハフィントンポストUS版に語った。「毎日、あの事件が頭から離れません。体に痛みも感じます」。

フレイジーさんは3月21日、過失と重過失、また、性別に基づく差別を禁止する連邦改正教育法第9編(タイトルⅨ)違反で大学を訴えた。

男は彼女の耳元で「まだレズか?」

本記事は「ハフィントンポスト日本版」からの転載記事です。元記事はこちら

訴状によると、フレイジーさんは2015年10月5日、男の姿に気づき目が覚めたが、そのとき枕で顔を覆われ、レイプされたという。彼女はあまりの痛さに気絶した。2回目のレイプは2015年12月14日に起きた。訴状によると、彼女が学生寮の部屋に入ると、背後から押し倒されたという。フレイジーさんを襲った男はその後、服を剥ぎ取り、電話の充電器のコードを使って彼女の両手を頭の上で縛り、ヘアブラシ、ハサミ、カミソリなど、複数の異物を挿入したという。襲われているとき、男は彼女の耳元で「まだレズか?」と囁いた。

フレイジーさんはレズビアンを公表している。彼女は、襲った男はフレイジーさんの性的指向を理由に彼女を標的にしたことが「明らか」だった、とハフィントンポストUS版に語った。「LGBTの権利活動に熱心で、レズビアンを公表していたために起きた出来事のように思えます。襲われたことよりも、そのことのほうがずっと恥ずかしいと思うようになったのです」と、フレイジーさんは語った。「大学のLGBTの学生会議に出席するのが怖いんです。標的にされるのが心配です」。

次ページ大学側の対応は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT