「父母と娘のトリプル介護」をする作家の人生

「5000通の葉書」が命を繋いだ

「なにか面白いことない?」

脇谷さんは知り合いに会うたびに聞いた。

かのこさんの2歳上の長男正嗣さん(37)は当時、高校生。困っている母のために多くのネタを提供したそうだ。

「学校にこんな先生がいるとか、電車のなかでこんな人を見たとか、たわいもないことをふくらませて、面白おかしく親子でしゃべるというのが日常やったですね。普通なら母親とはあまり話さない年ごろですが、うちは団地で家が狭いので、テレビの横にかのこが寝ていて、母も側にいたので、自然と会話してました。ちょうど通学路にポストがあったので、毎朝、投かんするのは僕の役目でした。

ただ、なんで急に葉書を書き始めたのかは、絶対に教えてくれなかったです

大分の母の状態は一進一退を繰り返し、徘徊して夜の海に入り命を落としかけたこともあった。だが、「笑い」は凍りついた母の心をゆっくり解かしていき、4年目には抗うつ剤が必要ないほど回復した。それでも、急に心の支えがなくなると症状が悪くなるかもしれないと聞き、その後も変わらずに書き続けた。

13年間休むことなく母・マスさんに送り続けられた5000通の葉書

最後の葉書を書いたのは2008年11月。大分を離れる決心をした両親を西宮に迎える3日前だった。

13年の間に脇谷さんが書いた葉書はなんと5000枚にのぼる。母はそのすべてを大切に保存してくれていた。『希望のスイッチは、くすっ』にまとめて’11年に出版すると、評判になった。

脇谷さん役を鈴木紗理奈さんが演じ受賞

その本を原作として作られたのが映画『キセキの葉書』(ジャッキー・ウー監督)だ。フィクションではあるが、内容はほぼ事実に基づいている。今年の夏に関西で先行上映され、11月4日から東京など全国で上映が始まった。

脇谷さんの役を演じたのは、タレントの鈴木紗理奈さん(40)だ。配役を聞いて驚いたと脇谷さんは話す。

「バラエティーに出ている印象が強かったから、全然ちゃうやんと(笑)。でも、私が介護しているところを家まで見に来て、こうやって身体をひっくり返すとか、すべて体得していかれたので、素晴らしい女優さんやなと。完成披露上映会には、かのこを連れて行ったんです。

懸命に演じる紗理奈ちゃんを見ていたら、不思議なことに頑張れ~と応援してしまうのよ。自分のことなのにね(笑)

紗理奈さんにとって、『キセキの葉書』は初の主演映画だ。オファーが来たとき、こんなに重い役を自分ができるのか、不安だったという。

次ページ演技のヒントになったのは脇谷さんとの会話
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • インフレが日本を救う
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT