自分の「トレードマーク」は1日にして成らず

伊達男と元祖おしゃれ番長が語る装いの効能

野宮:小学生で!?

横山:小学生で。当時は、パッとした人っていうのは追いかけても捕まらないスーパーな人だったので、「そうなりたい」というよりも、一方的にあこがれていました。あと、そういう男の人の周りには、野宮さんのようにすてきな大人の女性がいるんですよ。家に帰って母親に「こういう髪型の女の人がいた」と絵を描いて見せると「それはボブ」と教えてくれたりして。

野宮:剣さんとお母様の関係が面白いですね(笑)。

男性の「スーツ」、女性の「赤い口紅」

横山 剣(よこやま けん)/1997年に結成した「クレイジーケンバンド」のコンポーザー兼ボーカル&キーボード。「音楽ジャンルからの解放」をモットーとする全方向型音楽で、幅広い年齢層から人気を博す。また、数多くのアーティ ストへ楽曲提供、自叙伝『マイ・スタンダード』の執筆など、活動は多岐にわたる。クレイジーケンバンド全国ツアーも開催中

野宮:女性にとって、手っ取り早く美人になれるアイテムが赤い口紅だと思うんです。男性にとって、そういうアイテムってありますか?

横山:スーツがそうかもしれませんね。ある種、緊張感のあるものだからこそ、慣れが大事といいますか。Tシャツみたいに着倒すというか、カジュアルな服と同じようなシーンでも着てしまうとか、いい意味で雑な着方ができるようになったらすてきかなと思います。

野宮:わかります。新しいエッセイにも書きましたが、赤い口紅も、全部をきちんとお化粧してつけるとトゥーマッチになるけれど、薄いお化粧に赤い口紅をつけると、ぐっと洗練されて見えますからね。赤い口紅もスーツと同じで、とにかく毎日つけて、慣れることが大事です。

横山:舘ひろしさんや四方義朗さんのような感じですよね。スーツに対して緊張感がありすぎると、いわゆる「着られている」七五三のような状態になっちゃいますし。

野宮:慣れって大事ですよね。まずは自分がその格好を見慣れてないといけないですし。でも、スーツを着ていれば男性はカッコよく見える分、それ以外のファッションがおかしなことになっている男性も多いですよね。剣さんは、ファッションで失敗したことってありますか?

横山:いっぱいあります。初めてトレンチコートを着たときは、その大げささに萎縮してしまって、似合わなかったですねえ。

野宮:トレンチコートは、女性にとっても、似合う1着を見つけるのが難しいアイテムかも。

横山:ハードボイルドな格好をしてみたかったんですけど、全然様にならなかった。野坂昭如さんみたいにサラッと着たかったんですけど。

野宮:野坂さん! サングラスもお似合いでしたよね。

横山:ラグビーやボクシングで鍛え抜かれた肉体と精神。要は中身が装いを突き抜けて出てくる格好よさがありました。

次ページ中学生の頃にトレンチコートに挑戦
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • 今日も香港から
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。