53歳「絵の天才」と呼ばれる男がなお抱く渇望

やりたいことと適性の一致は幸運だった

「これは楽しいわ!! 仕事になる時代が来たらいいなあと思ったんだけど、当時はフルセットで400万円くらいしたんですよ。その頃は銀行に100万円前後くらいの額があるかないかだから当然買えない」

一日千秋の思いで値下がりするのを待ち、28歳のとき、50万円まで値下がりしたマッキントッシュ LC IIIを購入した。

当時の技術ですでに、プロの現場で使用できるなという手応えがあったが、いかんせん出版社などの受け手が対応していなかった。

初めてのデジタルデータ入稿は、『月刊アスキーコミック』(アスキー)から頼まれた、『バーチャファイター』(セガ)のイラストだった。当時のパソコンでは1枚絵では描けなかったので、分割して描き入稿した。

どんどんデジタル入稿が進み…

そこから出版業界はどんどんデジタル入稿の対応が進み、現在はアナログ原稿で入稿する人のほうが少数派になった。現在寺田さんは、ほぼiPad Proのみで作画をして入稿している。

ただ、寺田さんは「デジタルならではの作品」を作ることには興味がないという。

「俺がデジタルに求めたのは、スピード感とかなんですよね。デジタルならではのフィルターにはまったく興味がなかった。アナログ、デジタル、どちらで描いても、同じような絵が出来上がるというのが大事なんです。なるべくツールには依存しない。ガジェットなんていつ使えなくなるかわからないですからね。そんなときにはすぐにアナログに戻れなきゃいけない。あくまで自分の右手がいちばん信頼のおける道具なんです」

ガジェットと同じく、作品を発表する雑誌などの媒体に、過度の思い入れを持たないようにしているという。

「プラットフォームに愛情を抱きすぎてしまうと、生活がきつくなることがあります。描いている雑誌がなくなったり、業界がシュリンク(縮小)したりする状況はつねにあるわけなんで。結局、いちばん大事にしなければならないのは、どこに描いているかではなくて、何を描いているか、なんですよ」

最近では、個展で原画などを直接見せる機会も増えた。

「昔は個展を断ってました。印刷が好きで、刷り出しとか見ると今でも気分が高揚するから、自分の仕事はそこにあると思ってたし、足を運んでもらうほどの絵を描いていないって思いもあって。でもアメリカの知り合いに『アメリカで個展をやらないか?』と誘われて、『アメリカならいいかな?』と思ってやってみたら結構な人数が来てくれたんですよね。なら個展もやってもいいな、と思いました」

次ページライブドローイングは客寄せで始めた
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT