4億円を仮想通貨で集めたベンチャーの正体

新たな資金調達手法「ICO」の魅力と課題

ICOの市場は、株式市場のようにルールが整備されているわけではない。それゆえ、投資家は自己責任であることが原則だ。しかし、事業者としてそれで済ませるのか、積極的に健全化を実現するために動くのかは、価値観によって分かれている。

水澤氏は、「ICOをする側は、詐欺行為を排除する責任を投資家に負っているわけではない。逆に言うと、自主規制に全てが委ねられている。日本で大型のICOを先陣切ってやる以上、1つも詐欺被害を出したくないと考えていた。自己責任で終わりにしたら、この分野もニッチなままで終わる」と危機感を示す。

トークンの上場はオンラインのやり取りだけで完結

ICOが終了した後、アリスのトークンはCoinExchangeとCryptopiaという2つの海外取引所に上場し、流動性を得る形になった。「15の取引所にアプローチしたが、返信がないところもあった。トークンの流動性は、投資家を安心させるためにも重要」(安氏)。株式は取引所に上場するまでに長い道のりがあるが、ICOの場合はまったく異なる。トークンの上場は、取引所とのオンラインのやり取りだけで完結するというのだ。

上場にあたり取引所から求められる情報は、経営者のプロフィールやソーシャルアカウントの状況、ソフト開発に使う「GitHub(ギットハブ)」のURLなど、ごく基本的なものが中心。大手の取引所でなければ、プロダクトの中身やビジネスモデル、将来の見通しについては問われない傾向にある。取引所に支払う費用として、CoinExchangeは日本円で約50万円、Cryptopiaは約250万円が必要になったという。

CTOの石井氏は「(事業内容や資金使途を記載した)ホワイトペーパーを見れば、上場させてはならない詐欺的なICOかどうかは理解できるはず」と話す。ただ、やはりサービスが動いてもいない段階で流動性を持つということは、革新的ではあるが違和感を感じる面もある。

トークンにおける「上場」という言葉は、株式と比較するとまだあまりにも軽いというのが現実だ。投資対象の判断とする基礎となる実態がないため、やはり、購入する場合はそのサービスを純粋に応援し、自分が参加していく気持ちを基本にするべきだろう。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT