仕事が遅い人は机の「引き出し」ですぐバレる

作業効率がみるみる上がるデスク活用法

引き出しの特性を活かした使い方で、作業効率をアップさせましょう!(写真 : xiangtao / PIXTA)
デスクの上はきれいに片づいているのに、なぜかいつも探し物をしている。そんな人は引き出しの中がごちゃごちゃしているか、あるいは一見整理整頓していても、実際にはどこに何があるか把握できていないのです。探し物で時間を消費するなんて、無駄以外の何物でもありません。
今回は机の引き出しの特性を活かした使い方で、作業効率をアップさせる「時短術」を『時短術大全』からご紹介します。

引き出しをより便利に使うには?

通常、オフィスのデスクには、4つの引き出しが備えつけられています。デスク中央の下に位置している浅くて広い引き出しと、右側に縦3段に重なっている3つの引き出しです。

これらは、なぜそこにあって、なぜその大きさ・深さなのか、実は1つひとつに意味があります。それをふまえて収納すると、より便利に使える引き出しができるのです。では具体的にどうすればいいのか、見ていきましょう。

デスクの引き出しはトレーを活用

仕事の効率アップを図るためにも、デスクはきちんと活用したいもの。工夫すべき点はいくつかありますが、基本的に「よく使うものは近く」に、「あまり使わないものは遠くに」というルールにのっとって整理していくのがポイントです。

特に工夫すべきなのが、引き出しの使い方。資料や文房具をやみくもに放り込むことを避け、取り出しやすい配置に整理することが大切です。トレーで仕切りを設ければ、引き出し内にも手前(近く)と奥(遠く)を作り出すことができるので、使用頻度に応じた便利な収納を実現することができます。

次ページデスクの浅くて広い引き出しはどう使うのか
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT