フランスの「加工写真」告知義務は、是か非か

「若い女の子のため」というが…

保健相の言い分は一理があるようですが、少し苦しいかもしれません。フォトショップはプロだけでなく誰もが利用するアプリですし、フォトショップしないボディ写真をSNSに流している人がいるとは考えられません。商品としての写真に限定することも無理があります。インターネットは「情報を流すメディアと受ける大衆」の境界をすでになくしてしまっています。

フランス女性が太りつつあるのは事実です(パリ男女にとって「下着」は何のためにあるか)。だからといって、拒食症による健康への悪影響がフォトショップに原因があるというのもおかしな話。でしたら太く加工するのも禁止なのはいったいなぜか。裏にどんな魂胆があるのか勘繰ろうにも見当がつきません。「なんでも疑ってかかる」という哲学が好きなフランス人でしょうに、よくぞ法律になったものです。

パリコレで闊歩しているリアルモデルたちは(こちらも法律でやせすぎを制御しているものの)正真正銘、BMIも体脂肪率も低そうです。けれど「フォトショップされているから細いしキレイなのよ」という庶民の安堵感も必要じゃないでしょうか。

先ほどのパリマダは「でも、悪くない法律じゃないの、と言う人も多いのよ」と伝えてきます。ジェラシーで言っているのではなく、事実のままを見たいからなのだそうです。フランス人も変わってきたのでしょうか?

表現の自由があっていい

『フランスの教育・子育てから学ぶ 人生に消しゴムを使わない生き方』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

たとえばダイエット商品の詐欺まがいのビフォアアフター写真などは論外にして、私はデフォルメ含めた表現の自由があっていいと思うのです。なんといっても芸術の国なのですから。人体にとって不可能な理想の体型なんて、言葉そのものがおかしいのです。それを若い女の子があこがれて拒食症となるというのは暴論がすぎます。

お化粧だって、美容整形だって、男性も女性も「そうなりたい」と思って主体的に選択したことに非難されることはありません。美しくなるのに遠慮はいらないのです。

今回のフォトショップされたCM 写真表示問題。それが若い女の子が健康になるための方策であるとすれば、フランスも陳腐になっている気がします。芸術などの思想表現への規制まで展望しているとしたら大問題です。さっさと尻尾を巻いて退場したほうがいいと思いますが、皆さんはどう思われますか?

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT