フランスの「加工写真」告知義務は、是か非か

「若い女の子のため」というが…

スッピン丸出しなんて、きょうび中学生だってやっておりません。そんな法律なんかないニッポンは大丈夫でしょうけど、かわいそうなフランス人。

まぁ、一般庶民はそこまで気にしなくていいみたいです。対象は、有名人やモデルなどに限られているとのこと。そうは言っても、こうした法律が世界の先陣を切って、こともあろうにフランスでつくられるなんて。美の殿堂ですよ、フランスは。フェイクニュースが駆け巡る現代社会、ホントに本当の真実なのでありましょうか。

若い女の子たちの深刻な健康被害

この法律は実は子どもたちの成長にとって若干、いや大きな問題を提起していることが特徴です。

まず、法律の正確な内容です。「コマーシャル用写真に撮影されたモデルがデジタル編集によってやせているように加工されていたり、あるいは体の一部が大きく見えるように加工されている場合は“Photographie retouchée(画像は編集されています)”というクレジットを表示しなければならないこと。この規定に反した場合は約500万円(約3万7500ユーロ)もしくは広告制作費の30%が罰則金となる」のです。

写真をデジタル編集する代表的アプリ「フォトショップ」で編集加工することを“フォトショップする”と動詞化するほど、写真の加工は当たり前となっています。法律が指定しているのはフォトショップされたCM 写真であって、モデルの髪の色・鼻の形・肌のしみを消すなどは対象外となっています。

法律を所管するのは保健省です。やせているモデルの女性を、フォトショップしてさらにやせさせ、通常ではありえないプロポーションに加工してCM に使うことがファッション業界を風靡していることと、その影響を受けた若い女の子たちが理想体形を誤解して深刻な健康被害が発生していることが、法律成立の背景なのだそうです。保健相のマリソル・トゥーレーヌのコメントは、「若い子どもたちに非現実的な体形の画像を見せて、これが規範だと思わせることは、自分自身の価値を低く思わせてしまい、自信の喪失につながり、健康的な習慣に悪影響を与える可能性があるので、法律は子どもたちの健全なセルフイメージと健康的な習慣にとって重要なのだ」と説明します。

これを受けて、写真提供サービス企業は次々に、モデルの体形が実際よりもやせて見えたり、大きく見えるようにレタッチされた写真を使わないことを発表しています。これからはリアルな体形をモデルたちに反映させるという動きは、フランスにとどまらず世界的に広がっていくだろうとメディアは伝えています。

次ページフランス人も変わってきたのか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT