「オレ自慢」が近年増殖するのにはワケがある

リアルでもネットでも"アピール"する男たち

筆者が収集している「妻にとって夫がストレス」だという内容の本(写真:筆者提供)

最近、研究のために、妻にとって夫がストレスだという内容の本を収集しているのですが、たとえば、 1993年に出版された医師の黒川順夫による『主人在宅ストレス症候群』の帯には、妻が悩まされる要因として、夫の定年、病気に加えて、週休二日制が挙げられています(写真)。要するに、コミュニケーション能力に欠けた夫と一緒に過ごす時間が増えれば、それだけ精神的な苦痛になるのです。

ネットのコメント欄は見なければ済むとして、結婚すれば夫が、既婚/未婚問わず働けば男性の同僚や上司が、女性にストレスをもたらします。男性の立場からしても、気がつかないうちに、他人に迷惑をかけているのは本意ではないはずです。男性のコミュニケーション能力の欠如という問題は、性別を問わず解決に向けて取り組む意義のある課題だといえます。

「支援」を必要としているのは男性かもしれない

1980年代の教育社会学の研究では、イギリスの学校において、男子が人の意見に耳を傾けるのが苦手で、反駁や嘲(あざけ)りで互いに主張し合っていると報告されています。その後、イギリスでは、1994年に義務教育修了者を対象にした全国共通試験の結果が公開されるようになって以来、「男子の学業不振」に注目が集まりました。さらに付け加えると、イギリスに限らず、世界的な傾向として「読解力」の平均点は男子よりも女子のほうが高いことが確認されています。

日本では、学校でも会社でも男女の問題について「支援」といえば、その対象は女性のイメージです。しかし、コミュニケーション能力の問題で、「支援」を必要としているのは男性ではないでしょうか。

もちろん、有利な立場にいる男性への「支援」に対しては、納得がいかない女性も多いと思います。中高年男性の再教育は可能なのか。費用と時間に見合うだけの成果は得られるのか。そして、最も説得力があるのは、そもそも、自業自得なのだから放っておけばいいのではないかということです。

しかし、男性が問題を抱えたままだと、被害は当事者の男性だけではなく、女性にも降りかかってきます。「しょせん、男と女はわかり合えない」などという安易な結論に飛びつく前に、抵抗があるかもしれませんが、少し歩み寄って男性のコミュニケーション力について一緒に考えてみてはいかがでしょうか。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 今見るべきネット配信番組
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT