ビジネススクールは「上級語学学校」ではない

「MBA取得」がよい投資にも失敗にもなるワケ

MBAを取得してメリットはあるのか?(写真:JackF / PIXTA)

→安井さんへのキャリア相談は、こちらまでお送りください。

はじめまして、玉川大学経営学部の中田と申します。私は現在就活中で、来年あるベンチャー企業に就職する予定です。
将来的にはMBAを30歳までに取ると決めているのですが、いくつか気になることがあったので質問させてください。
なぜ安井さんは、MBAを取ろうと思ったのですか? なぜケンブリッジを選んだのでしょうか? MBAを取ってどんなメリットがありましたか? MBAを志す者として意見を聞きたいと思っています。
大学4年生 中田

なぜMBAを取ろうと思ったのか

この連載の記事一覧はこちら

私がMBAを取得しようとした理由は明確で、卒業後ベンチャー企業にしか勤務していなかったからです。そして目的は、自分の実力を客観的に判断する場としての側面、経験を棚卸して知識を体系化する側面、そして自分の学歴コンプレックスの払拭と休暇の4つです。

私自身がMBAを取ることを決意したのはまだ大学在学中でした。詳細の理由は拙著『非学歴エリート』をご参照いただきたいのですが、当時の経済や就職の環境、そして自己研鑽の場として最高であるという理由から、卒業したらベンチャー企業に行くと決めていたため、どうしてもビジネススクールに行くというキャリアを描く必要があったのです。

といいますのも、ベンチャー企業とはまさに小さな組織であり、まだ未熟な組織ですから、そもそも社員の教育制度も何もないケースが大半なわけです。また、必要最低人数で回していて業務が忙しいことからも、先輩社員が手取り足取り仕事を教えてくれるということはありませんし、もっというと先輩社員ですら経験していないことも非常に多いわけです。

次ページ客観的な環境における自分の実力
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 本当は怖い住宅購入
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT