人生を好転させたいならまず自分を変えよう

都合よく周りを変えることは無理だ

周りが自分よりも優れて見えてしまい、つい他人と自分を比べてしまいます(写真:node / PIXTA)

→安井さんへのキャリア相談は、こちらまでお送りください。

こんばんは。こうなりたい、と思える理想のような人がいない一方で、なぜか何かと人とばかり比べてしまう自分に悶々としています。
現在26歳の会社員で、大手企業に勤めてます。仕事をしたり生きていくうえで、目標となるような完璧な上司や先輩がいないことが悩みの一方で、つねに周りと比べてしまう自分がいます。
たとえば仕事のスピードや上司からの評価、任される仕事、人生観など、何においてもなぜか周りが自分よりも優れて見えてしまい、日々、誰かと自分を比べてしまいます。とはいえ、誰かのようになりたいのかというとそうでもなく、そのギャップに苦しんでいます。
心の中でどう整理をすればよいのでしょうか? そもそも自分が弱いのがいけないのでしょうか? 相談させてください。
会社員 後藤

人は自信がない分野で他人と比べる

この連載の記事一覧はこちら

「自分は自分以外の人間にはなれない」。この当たり前であるものの、忘れられる傾向にある原理原則で自分を見つめ直しましょう。そして人生における主語を自分自身に設定し直すことが大切です。

仕事ができる人がいればあこがれる、人生を楽しんでいそうな人がいればあこがれる。多くの人が持つ感情でしょう。

ではなぜあこがれるのでしょうか? 仕事ができる人を見てあこがれるのは、自分が仕事ができないからでしょう。人生を楽しんでいそうな人を見てあこがれるのは、自分が人生を楽しんでいないからでしょう。このように、自分ができていないことや自信がない分野において、人と比べたがる傾向にあるのではと思います。

次ページ攻撃にエスカレートする場合も……
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 中学受験のリアル
  • 若手社員のための「社会人入門」
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中間決算に透ける踊り場<br>企業業績は減速が鮮明に

世界経済が踊り場を迎えている今、中間決算発表に伴う業績予想の修正が出そろった。2018年度の営業利益は前年比4.6%増と、17年度の12.9%増から減速する。『会社四季報』業界担当記者が、明暗分かれる業種内の「優勝劣敗」を解説する。