人生を好転させたいならまず自分を変えよう

都合よく周りを変えることは無理だ

周りが自分よりも優れて見えてしまい、つい他人と自分を比べてしまいます(写真:node / PIXTA)

→安井さんへのキャリア相談は、こちらまでお送りください。

こんばんは。こうなりたい、と思える理想のような人がいない一方で、なぜか何かと人とばかり比べてしまう自分に悶々としています。
現在26歳の会社員で、大手企業に勤めてます。仕事をしたり生きていくうえで、目標となるような完璧な上司や先輩がいないことが悩みの一方で、つねに周りと比べてしまう自分がいます。
たとえば仕事のスピードや上司からの評価、任される仕事、人生観など、何においてもなぜか周りが自分よりも優れて見えてしまい、日々、誰かと自分を比べてしまいます。とはいえ、誰かのようになりたいのかというとそうでもなく、そのギャップに苦しんでいます。
心の中でどう整理をすればよいのでしょうか? そもそも自分が弱いのがいけないのでしょうか? 相談させてください。
会社員 後藤

人は自信がない分野で他人と比べる

この連載の記事一覧はこちら

「自分は自分以外の人間にはなれない」。この当たり前であるものの、忘れられる傾向にある原理原則で自分を見つめ直しましょう。そして人生における主語を自分自身に設定し直すことが大切です。

仕事ができる人がいればあこがれる、人生を楽しんでいそうな人がいればあこがれる。多くの人が持つ感情でしょう。

ではなぜあこがれるのでしょうか? 仕事ができる人を見てあこがれるのは、自分が仕事ができないからでしょう。人生を楽しんでいそうな人を見てあこがれるのは、自分が人生を楽しんでいないからでしょう。このように、自分ができていないことや自信がない分野において、人と比べたがる傾向にあるのではと思います。

次ページ攻撃にエスカレートする場合も……
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • コロナ後を生き抜く
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。