「目先の給料」が低いのは、マイナスではない

先行投資なくしてリターンはない

未来は現在の自分の頑張りや考え方によって、いくらでも変えられます(写真:VTT Studio / PIXTA)

→安井さんへのキャリア相談は、こちらまでお送りください。

こんにちは。私は地元(愛媛県)普通科の高校を卒業した後、調理の専門学校に進みました。その後、新卒で割烹店に就職したのですが、激務に体がついていかず、2カ月ほどで辞めました。
それからは岡山県(上記の就職先が岡山だったので)で携帯ショップ受付の派遣社員をしたり、地元の愛媛県でアルバイトでスーパーのレジ打ちをしたりして生活をしていました。
去年の8月頃にこのままでは一人で生活できないと思い、都内で就職先を探しているときに、生命保険の外交員さんに誘われ、去年の10月から今年の6月まで(10月は一般課程試験の勉強期間ということで各種社会保険には未加入です)正社員として勤務をしていました。
退職理由は7月からいただくお給料ではとても生活できない(簡潔に言うと、給与に不満があった)ことです。退社日は6月末ということで、上司にも納得いただいています。
特にこれといった学歴や実績もない私です。残業も同年代の方々に比べたらあまりしていないと思います(携帯ショップで働いていたときは毎日のようにありましたが、雇用期間は半年です)。
けれど私は、仕事をすることで経済的に自立したいですし、キャリアを積みたいです。
これからハローワークや転職サイトで転職先を探すのですが、社会人の先輩として気をつけたほうがいいことや、今後の人生の意識をどのように変えたらいいのかなど、ぜひ助言をお願いいたします。
もうすぐ無職 三木
次ページ安井さんからのコメントは?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 財新
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。