邦銀のITシステムは、いまだに「貧テック」だ

顧客目線に届かない残念すぎるフィンテック

日本のメガバンクのフィンテック投資も増え始めたが…(撮影:編集部)

バーガーキングのスマホジャック事件

今年4月、米国であるテレビCMを見ていた人々のスマートフォンが、突然、一斉に"バーガーキング"の解説をしゃべり始めた。バーガーキングによる「スマホジャック」事件である。

いったい何が起きたのか。グーグルアプリには音声検索機能がついている。「OK、 グーグル!」とスマホに呼びかけると、後に続く言葉を検索してくれる。これを利用したのがバーガーキングだ。テレビで「OK 、グーグル! バーガーキングのワッパーって何?」と店員が叫ぶCMを流した。ワッパーとは同社の看板商品で、1個650キロカロリーもある大きなハンバーガーである。

このCMが流れた瞬間、テレビをつけていた人々のスマホが一斉にワッパーを検索、「ワッパーとは、世界的に有名なバーガーキングの看板メニューで……」とウィキペディアの説明を読み上げ始めた。

この連載の過去記事はこちら

音声認識技術を使った、新手のマーケティング戦略である。もっとも、事前に知らされていなかったグーグルが、すぐに"ワッパー"が音声検索されないように設定したため、スマホジャックCMの効果は限定的なものにとどまったようだ。

ここまで奇抜なアイデアは見られないものの、海外では金融部門でもテクノロジーの活用が急速に進んでいる。今年第2四半期の世界のフィンテック投資は史上最高となった。シンガポール最大の銀行DBSは、昨年、音声認識とAI(人工知能)を使ったネット専用銀行をインドでスタートし、すでに150万口座を獲得した。顧客サポートの82%がAIを通じて処理されているため、営業経費は従来の銀行の5分の1程度で済んでいるという。

次ページ邦銀が後塵を拝するワケ
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • トクを積む習慣
  • iPhoneの裏技
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT