邦銀のITシステムは、いまだに「貧テック」だ

顧客目線に届かない残念すぎるフィンテック

日本のメガバンクのフィンテック投資も増え始めたが…(撮影:編集部)

バーガーキングのスマホジャック事件

今年4月、米国であるテレビCMを見ていた人々のスマートフォンが、突然、一斉に"バーガーキング"の解説をしゃべり始めた。バーガーキングによる「スマホジャック」事件である。

いったい何が起きたのか。グーグルアプリには音声検索機能がついている。「OK、 グーグル!」とスマホに呼びかけると、後に続く言葉を検索してくれる。これを利用したのがバーガーキングだ。テレビで「OK 、グーグル! バーガーキングのワッパーって何?」と店員が叫ぶCMを流した。ワッパーとは同社の看板商品で、1個650キロカロリーもある大きなハンバーガーである。

このCMが流れた瞬間、テレビをつけていた人々のスマホが一斉にワッパーを検索、「ワッパーとは、世界的に有名なバーガーキングの看板メニューで……」とウィキペディアの説明を読み上げ始めた。

この連載の過去記事はこちら

音声認識技術を使った、新手のマーケティング戦略である。もっとも、事前に知らされていなかったグーグルが、すぐに"ワッパー"が音声検索されないように設定したため、スマホジャックCMの効果は限定的なものにとどまったようだ。

ここまで奇抜なアイデアは見られないものの、海外では金融部門でもテクノロジーの活用が急速に進んでいる。今年第2四半期の世界のフィンテック投資は史上最高となった。シンガポール最大の銀行DBSは、昨年、音声認識とAI(人工知能)を使ったネット専用銀行をインドでスタートし、すでに150万口座を獲得した。顧客サポートの82%がAIを通じて処理されているため、営業経費は従来の銀行の5分の1程度で済んでいるという。

次ページ邦銀が後塵を拝するワケ
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナ戦争を読み解く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。