邦銀のITシステムは、いまだに「貧テック」だ

顧客目線に届かない残念すぎるフィンテック

しかし、外銀にも見られることではあるが、現在邦銀が推進しているフィンテック投資の大きな部分が、契約のペーパーレス化やミドル・バック業務の簡略化など自行の利益確保のためのものとなっている。MUFGはフィンテックによる営業増益効果を2000億円程度と見積もっているが、その3分の2は、既存業務の効率化など"守り"の分野である。これらは、経費圧縮で巡り巡って顧客のためにもなるかもしれないが、直接的に顧客の利便性を向上させるものではない。

しかも、中には、手続きがむしろ面倒になっているものもある。ある大手行の住宅ローン申し込みの新たなアプリは、利用者に、事前審査で記入済みの個人情報を再度スマホで入力させ、提出済みの何枚もの確認書類の写真とともに送らせる。2時間以上かけて入力しても、その後、これまでと同じように店舗に出向かなければならない。過渡期ということかもしれないが、今のところ残念なシステムである。

挑戦者は「銀行にうんざりした」人たち

新たな仮想通貨の実証実験も始まっている。導入している銀行では、行内の飲み代の決済が社内メールのように1クリックで送金できる。しかし、 MUFGのMUFGコインやみずほのJコインなど、まだ陣営が分裂しており、共通のプロトコルができていない。互換性の低い複数のシステムが乱立しても、顧客は戸惑ってしまう。

スペインのBBVAが買収した米国のデジタルバンク「Simple」の創業者ジョシュア・ライヒは、「銀行にうんざりした」経験から、より簡便な決済サービスを銀行口座がなくても受けられるようにと思ってSimpleを創設したという 。

新規性の高いシステムを構築しても、「銀行の利益に資する」「当局も推進しているし、他行に遅れるわけにはいかない」などという動機で作られた貧弱なテクノロジーでは顧客はついてこない。どうせやるなら、顧客第一の真の"フィンテック"を目指してほしい。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 今見るべきネット配信番組
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
鉄鋼不況の常態化は必至<br>迫られる国内リストラ

日本製鉄をはじめ、JFE、神戸製鋼所の鉄鋼3社は、強烈な不況に苦しんでいます。主力の鉄鋼事業の利益が急減し、逆風は一時的とは思えません。買収を含めた海外での拡大、国内拠点のリストラなど、生き残り策の深層をリポートします。