ジェネラルパーパス・テクノロジー 日本の停滞を打破する究極手段 野口悠紀雄・遠藤諭著

ジェネラルパーパス・テクノロジー 日本の停滞を打破する究極手段 野口悠紀雄・遠藤諭著

日本経済の停滞の最も本質的な原因は、新しい「ジェネラルパーパス・テクノロジー=汎用技術」であるITの利益を享受できないためだ。日本社会に不適合があり、社会組織の大きな変革がないとネガティブな効果さえもたらしてしまう。

ITは、集中型情報処理、恐竜型巨大組織、巨大企業による垂直分業よりも、分散型情報システム、動きの速い組織、専門化した企業群の水平分業による優位性を加速させている。従来の意思決定の遅い「日本型組織」やおもちゃのような電子政府での取り組みには限界がある。

この現状を変えるには、ITの持つ「汎用性」の力を認識し、社会とビジネスのあらゆる場面で利用を考える抜本的な意識改革が必要だ。

アスキー新書 780円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
最新! 危うい会社リスト<br>7つの指標で徹底解析

高成長会社と危ない会社は紙一重。業績順調な企業も先行きは安心できません。突然巨額赤字に陥る、そもそも行き詰まっているなど、将来リスクを抱える会社を多様な切り口でリストアップしました。7つの指標であなたにも見分けられます。