ジェネラルパーパス・テクノロジー 日本の停滞を打破する究極手段 野口悠紀雄・遠藤諭著

ジェネラルパーパス・テクノロジー 日本の停滞を打破する究極手段 野口悠紀雄・遠藤諭著

日本経済の停滞の最も本質的な原因は、新しい「ジェネラルパーパス・テクノロジー=汎用技術」であるITの利益を享受できないためだ。日本社会に不適合があり、社会組織の大きな変革がないとネガティブな効果さえもたらしてしまう。

ITは、集中型情報処理、恐竜型巨大組織、巨大企業による垂直分業よりも、分散型情報システム、動きの速い組織、専門化した企業群の水平分業による優位性を加速させている。従来の意思決定の遅い「日本型組織」やおもちゃのような電子政府での取り組みには限界がある。

この現状を変えるには、ITの持つ「汎用性」の力を認識し、社会とビジネスのあらゆる場面で利用を考える抜本的な意識改革が必要だ。

アスキー新書 780円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT