スマホの“波"、家庭用プリンタにも及ぶ

エプソンやキヤノンが新製品で対応機能拡充

2012年の世界出荷台数が約6億7000万台となったスマートフォン(ディスプレイサーチ調べ)。今年にも従来型携帯電話の出荷台数を逆転すると目されている。「いつでもどこでもネットにつながる」だけでなく、デジタルカメラ、カーナビゲーション、音楽プレーヤー、ゲーム機など、さまざまな電子機器(デバイス)の機能を持ち、それらの市場を侵食したり、変容させたりしているモバイル機器だ。

たとえば、デジタルカメラでは、スマホのカメラ機能の進化でコンパクト型の市場が急速に縮小。カメラメーカー各社ともに、低価格デジカメのラインナップ縮小や、無線通信のWi-Fi対応によってスマホとの連携を強化するなどといった対応に追われている。

こうした“波”が、家庭用プリンタにも及んでいる。

写真プリント、3枚に1枚は「スマホから」

インクジェットプリンタ大手で国内シェアを二分するセイコーエプソンとキヤノンは、9月投入のインクジェットプリンタの新製品で、それぞれスマホ対応機能を拡充した。近年、デジタルカメラからの写真プリントが減少傾向である一方、スマホからのプリント量が増加。今や3枚に1枚の写真プリントがスマホになっている状況に対応した措置だ。

セイコーエプソンのインクジェットプリンタ「カラリオ」シリーズは、新製品の全機種が無線LANに対応。また、従来から展開しているスマホと無線接続してプリントやスキャンができるアプリ「Epson iPrint」に加え、さらにスマホ連携を強化した新アプリ「Epson Creative Print」を投入する。

次ページ新アプリの特徴は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • iPhoneの裏技
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT