理想より「稼げない」恋人に対する彼女の決断

男性側は、8割が妻も働くことを望んでいる

相手の年収が希望する条件を満たさない場合、自分自身が働くことで世帯年収を上げる方法もあります。

25~34歳の女性に対して、結婚相手の収入が希望する水準以下の場合に共働きをするつもりがあるかを尋ねたところ(既婚者は結婚する際の意識について回答)、収入が希望する水準以下の場合、共働きをしてもかまわないとする割合は約8~9割と高く、女性の就労意識が高いことがうかがえます。

また、結婚相手に希望する最低年収額が高いほど、「共働きしたくない(と思った)」割合が高くなっています。なお、共働きへの意欲は未婚女性と既婚女性ではほぼ同水準となっています。

共働きを期待する未婚アラサー男性が約8割

次に25~34歳の男性に対して、結婚後の世帯収入を支えるために結婚相手にも共働きを期待するか(したか)尋ねたところ(既婚者は結婚する際の意識について回答)、「共働きを期待する(した)」は、未婚男性で約8割となりました。一方、既婚男性を見ると年収「400万円未満」の85.0%、「400万円以上」では74.6%が「共働きを期待する(した)」と回答しており、現在の年収が高い男性は、結婚当時に結婚相手に共働きしてもらわなくても経済的には問題ないと判断した人が相対的に多いことがうかがえます。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT