理想より「稼げない」恋人に対する彼女の決断

男性側は、8割が妻も働くことを望んでいる

アラサー世代の恋愛と結婚に関する調査、今回は相手の年収に注目します(写真:AH86 / PIXTA)
明治安田生活福祉研究所が行った「男女交際・結婚に関する意識調査」の結果から、25~34歳のアラサー世代の結婚についての意識と実態を3回に分けてご紹介します(本記事は第3回)。
直近の2015年の調査によれば、平均初婚年齢は夫が31.1歳、妻は29.4歳と、ちょうど結婚というライフイベントに直面する年代です。男女交際・結婚への意識をめぐって、いったい、どのような傾向が見られるのでしょうか。
結婚相手に求める条件として、性格・価値観等の内面的条件もあれば、ルックス・経済力等の外面的条件もあります。本稿では外面的条件の中でも年収に注目しました。
※なお、本稿では「アラサー」を「20代後半」(25~29歳)および「30代前半」(30~34歳)と定義します。

★第1回目はコチラ ★第2回目はコチラ

女性が高年収なほど、相手への要求も高くなる

25~34歳の未婚女性に対して、結婚相手に希望する最低年収額を尋ねたところ、本人の年収が高いほど相手に求める年収額も高くなることがわかりました。たとえば、相手に400万円以上の年収額を希望する割合は、年収200万円以上300万円未満の女性の56.5%、年収400万円以上500万円未満の女性の87.0%となっています。

一方、本人の年収が100万円未満の未婚女性の約2割は、結婚相手に「収入は問わない」と回答しています。

次ページ条件を満たさない相手との結婚をどうするか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • 検証!ニッポンの労働
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。