今度は松下 日本勢に相次ぐ電池事故のナゼ

今度は松下 日本勢に相次ぐ電池事故のナゼ

ソニー、三洋電機、そして松下。成長著しいリチウムイオン電池業界で日本メーカーの事故が続いている。世界をリードしてきた日の丸勢のつまずきは、偶然かそれとも必然か。(『週刊東洋経済』9月1日号より)

 松下電池工業(大阪・守口市)が製造したリチウムイオン電池の事故は、お家芸ともいえる日本の電池産業を揺るがしている。14日、携帯端末で世界最大手のノキアは、松下製電池に異常過熱のおそれがあるとして無償交換を発表。過熱の報告は約100件だが、対象個数は全世界で4600万個にも上る。

 リチウムイオン電池はほかの充電池に比べエネルギー密度が高く、高電圧が得られる。突出した性能の高さから、今や携帯電話やパソコン、デジカメなど、電子機器に欠かせない。市場規模は過去5年で3倍近く拡大し、昨年には世界で約20億個に達した(富士キメラ総研調べ)。

 この成長市場を創り上げたのが、ほかならぬ日本メーカー。1991年にソニーが世界で初めて製品化し、三洋電機と松下が続いた。リチウムイオン電池は部品数が多く製造工程が複雑なうえ、高電圧を管理する制御回路や保護機構を一体化する厳重な安全対策が必要だ。日本メーカーの高い技術力がそれを実現。最大手の三洋以下、ソニー(2位)、松下(4位)の3社で世界シェアは5割に達する。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。