スタンフォードで痛感、教員はラクじゃない

米国トップスクールの教員はどんな「教育」をしているか?(前編)

まるで小説を書くように授業を組み立てる

授業準備は、特に初めての授業を教えるときは大変だ。たとえば僕の専門であるMarket Designの授業の場合、この分野の唯一のテキストがもう20年以上も前の本なので(誰か新しい本を書いてくれないかな)、教材を一から作っていかなければならない。

著者撮影:僕の専門でもある、Market Designの教科書。僕も学生の時はボロボロになるまで読んだ。端っこがテカテカしてるのは、セロテープで補強しているため

いや、一からというのはちょっと大げさで、実際には昔教えたことのある人からもらった教材を参考にしたりはするのだけど。

そして、テキストにプラスして研究論文のうちで授業に取り上げるものを選んだりもする。

授業で取り上げる論文を選ぶなんて簡単な作業に聞こえるかもしれないが、これが結構、大変だ。

というのは、研究論文は涙がでるほど感動的なものから、言っては悪いけれど「この人なんでこんなつまんないことわざわざ書いたの?」と思うようなもの(僕も書いたことたくさんあります……)まであるので、学生に教える価値のあるものを自分の判断で選ばなければならない。

そのうえで、授業の流れに沿うような紹介の流れを考える。個々の論文は非常に狭い範囲の事柄を掘り下げているのが普通なので、授業をするためにはそこに書かれていない流れを探しだすというか、むしろ作るというか、そんなクリエイティブな作業も必要だ。

これは強いて言えば、いろんなお話(エピソード)を集めてきて小説か何かにまとめることに似ている、のだろうか。そうそう、学者が書く教科書って、そんな講義ノートに加筆・修正してできた「長編小説」であることが多い。

最近は、似た授業を何年にもわたって教えることが増えてきたので、前年の教材(の一部)を使えるようになった。もちろん毎年手直しやアップデートをするけれども、準備の手間はかなり減る。

今年は新しく大学院向けのPolitical Economy(政治経済学)を教えることになったので、今ちょうど勉強しなおしているところだ。これは僕の副専門とでもいうような分野 (いくつか論文を書いたけど、僕の専門であるMarket Designと比べると、まだ大きな成果を出していない)なので、ちゃんと勉強しなおす良い機会だと思っていろいろ読んでいる。

学生の皆さんへ:
特に大学院向けの授業は、教員が勉強したいからという理由で行われていることも多いです。そういった授業は準備が練られていなくて、良くない場合もありますが、逆に教員がすごくやる気を持っていて良い授業をする場合もあります。僕の授業、後者を目指しているのでよろしく!

 

次ページブツブツと授業のリハーサルまでする
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT