普通の親が「モンスター認定」される背景事情

「学校に要望をうまく伝える技術」はある

あるとき、「うちのA男が上級生B男に学校の池に落とされ、ずぶぬれで泣きながら帰ってきた。学校ではどんな指導をしているんだ!」と怒鳴り込んできた親がいました。教頭と担任が当事者の2人の子どもとその場にいた複数の子どもたちに話を聞いてわかったことは、「A男が友だちの帽子を取って放り投げようとしたとき、止めに入った上級生のB男にぶつかってバランスが崩れて池に落ちた」というのが真相だとわかりました。つまり、そもそもA男がほかの子の帽子を取って放り投げようとしたことに問題があったのです。

わが子の話だけを鵜呑みにするのは危険なこと

もちろん、子どもが友だちとのトラブルや先生への不満などを話してくれたとき、「そんなことあるはずないでしょ」「どうせあなたが悪いんでしょ」と門前払いするのはよくありませんので、まずは「そうなんだ。嫌だったね」と共感的に聞いてあげることは大切です。でも、共感しつつも、「本当にそうなのか? これはこの子の言い分であり、相手にも言い分があるはずだ」という意識をつねに持っていることが必要です。

そして、子どもの言いたいことを共感的に聞いた後で、「じゃあ、相手の○○君はどう思ってるかな?」とか「自分は悪いところなかった?」などと聞いてみれば、意外と「実はボクもたたいちゃった。○○君もイヤな気持ちだったと思う」と話し始めることもよくあることです。もちろん、そんなに簡単に真相はわからないことも多いのですが、「子どもの話だけを鵜呑みにしない」ということに心掛けてさえいれば、一方的なクレーマーになることはなくなります。

以上のように、「いきなり学校に言うのではなく、その前に誰かに言ってみる」のと「子どもの話を鵜呑みにしない」の2つに心掛けることで、内容をある程度客観的に見られるようになります。そのうえで、やはりこれは学校に言うべきだとなる場合もあるでしょう。そこで次に大事なのが伝え方ということになります。

内容がわが子だけでなく学級のほかの子や、あるいは学級全体にかかわることなら、PTAの学級役員から学校に話してもらうようにするといいでしょう。そうすれば、誰が言い出したか学校にはわかりませんので精神的な負担が軽くなります。

内容がわが子だけに関することなら、親自身で臨むことになりますが、そのときいちばん大事なのは一方的かつ感情的にならないということです。内容面では問題がなくても、話し方に問題があれば、やはりモンスターペアレントと思われてしまいます。

次ページ言い方、伝え方
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 若者のための経済学
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT