「売上高が大きい国公立大学」ランキング150

1位東大、2位京大、3位東北大で、医学部も影響

経常収益(売上高)の1位は東京大学の2357億円。私大トップの日大の1882億円を大きく上回る (撮影:尾形文繁)

少子化の一方で”大学全入時代”とされる昨今、大学の財政状況はどれだけ差がついているのだろうか――。

そもそも、大学がどの程度の収益(売り上げ)を稼いで、どの程度の資産を持っているのか、いまいちピンと来ない人も多いだろう。

求められるのは、規模に応じた収益

『週刊東洋経済』臨時増刊「本当に強い大学2017」(東洋経済新報社)。書影をクリックするとアマゾンの販売サイトにジャンプします

東洋経済では、臨時増刊号『本当に強い大学』を発売、その中で、「大学四季報」というページをつくり、各大学の財務状況を掲載してきている。また、当欄の8月11日配信の記事「『私立大学収入ランキング』トップ200法人」では、私立大学の収入(売上高)について紹介した。今回は国公立大学の年間収入について紹介していきたい。

国公立大学は、営利を目的としてはいないものの、収益を均衡させ、赤字にはならないように運営していく必要がある。各大学は規模に応じた収益を確保する必要があり、収益が細れば、教育の質を維持するのも難しくなってくる。今回のランキングによって、どの程度の収益規模で学校を運営しているのかが見えてくるだろう。

次ページ対象は150の国公立大学法人
関連記事
トピックボードAD
  • 会社を変える人材開発の極意
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
転機のLCC ピーチが仕掛けるアジア大競争

日本初のLCC(格安航空会社)、ピーチ。国際線は台湾・韓国への短距離路線が中心だったが、中距離路線に参戦。東南アジア全域を狙う。拠点・関空は台風で混乱。新戦国時代に突入。