絶対にゆるまないネジはなぜ売れ続けるのか

町工場のエジソン社長は謙虚に学び続ける

展示されていた「戻り止めナット」は、中にコイル状のスプリングが組み込んであり、それで戻り止め効果を出す構造でした。ただ値段が高い。若林さんは「もっと簡単で安いものを作れる」と直感します。

ばね効果を出すのに、何もコイル状でなくても、板状でよいのでは。そして完成したのが「Uナット(ユニオンナット)」です。「2時間でできました」というから驚きます。この商品は必ず売れると確信し、28歳で脱サラして会社を興します。家族からはかなり反対されましたが、独身で気楽な身分だったこともあり、思い切って独立しました。

新製品を売るには問屋でなく最終ユーザーに当たれ

しかし、サンプルを作って問屋に持ち込んでも突き返される日々。そこで問屋はやめてユーザーに直接見てもらおうと考えます。そうは言ってもすぐに使ってくれるわけもなく、工場の片隅に50個入りの小箱を置かせてもらっては帰ってきていました。

ハードロック工業の若林克彦社長(写真:筆者提供)

成果は出ず、他の創業仲間も「このまま広げても大損だ。もうやめよう」と言い出す始末。若林さんもそろそろ潮時か、と思い始めます。そんな矢先、一本の電話がかかります。「あのナット、もう一箱持って来てんか」。コンベアを造っている会社が、在庫が切れたので置いてあったUナットを使ってくれたのです。大喜びでもう一箱持参しました。

そのまま置いて帰ろうとすると、代金を支払う、と言われました。1個19円で50個入りですから1000円にも満たない金額です。「それでもうれしかったですねぇ。長いこと会社をやってきましたが、この時ほどうれしかったことはありません」。

この経験から、製品がいくらよくても売れなければ意味がない、とつくづく感じました。問屋は業態柄、売れているものしか扱いません。それなら、ネジ卸の先のコンベアメーカーに売り込むしかない。実際に自社の商品を使ってくれている人の所に出向いて、その評価やニーズをつかむこと。これが、新分野の商品を売るには不可欠ということを学びました。

折からの自動化・省力化ブームでコンベアが飛ぶように売れ、併せてUナットも順調に売り上げを伸ばしました。月商も1億3000万円を超えるまでになります。ところが、好事魔多し。杭打ち機を造るメーカーから、建設現場で使い続けたらボルトが緩んで機械が壊れた、とのクレームです。

修理費用の半額を負担しましたが、こうしたトラブルがほかにも数件発生しました。緩まないといっても、強い衝撃を与え続ければどうしても緩みが生じます。若林社長は、喜んでもらえるはずのUナットが皆を困らせている、と悩みました。一緒に経営に当たっていた共同経営者は、単なる一つのクレームととらえましたが、若林さんには会社の存在意義を揺るがす大問題でした。

そして「よし、絶対に緩まないネジを作ろう」と決意します。しかし、事業の傍ら開発に励みますが、いくら工夫しても、激しい振動を持続的に与えると緩みを生じます。考えあぐねた若林さんは、気分転換にと、近所の住吉大社に出掛けました。

次ページ神社の鳥居を見て閃いた
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • 今日も香港から
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。