ファミレス御三家、デニーズも復活ののろし

ロイホに続き“高品質”追求に舵切る

「デニーズは、ファミレスは、復活する」――。ファミリーレストラン大手「デニーズ」を展開するセブン&アイ・フードシステムズ(以下セブン&アイFS)が7月中旬に開いた記者会見で、同社の大久保恒夫社長(写真)は高らかに宣言した。

会見の場でお披露目されたのは、オリーブオイルを配合した飼料で育てた豚肉、「オリービーポーク」を使った9種類のメニューだ。実に2年半もの開発期間をかけたという。

デニーズの客単価は1000円を下回るとみられるが、商品価格は最も安い「豚しゃぶとキムチのさっぱり黒酢仕立て」や「グリルド・ポーク ジンジャーステーキ」でも990円、最も高価なミックスプレートでは1690円と強気の価格設定になっている。

近年、ロイヤルホストなどファミレス業界の同業大手他社が高品質メニューの充実に舵を切る中、デニーズも本格的に低価格路線から脱却して、復活の“のろし”を上げた格好になる。

持ち株会社上場後は店舗リストラなど苦闘

東洋経済オンラインでは、高品質追求で復活の気炎をあげるロイヤルホストや、マクドナルドOBを次々とヘッドハンティングして経営改革を進めるすかいらーくについてリポートしてきた。

ロイヤルホストやすかいらーくと並んで「ファミレス御三家」に数えられるのがデニーズだ。同社はかつて株式を上場していたものの、セブン-イレブン・ジャパンやイトーヨーカ堂などとの共同持ち株会社であるセブン&アイ・ホールディングス(セブン&アイHD)が設立されたことから2005年に上場廃止となり、メディアへの露出度が減っている。デニーズの現状はどうなっているのか。

次ページ大久保社長就任で反転攻勢へ
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 親という「業」
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT