マクドナルド「原田神話」、終わりの始まり

原田社長、中核子会社トップの座ついに譲る

「私は今日の新聞報道にあったような、ワンマン経営者ではない」――。事業会社の社長交代を発表する会見の場で原田社長はそう強調した。

ハンバーガーチェーン「マクドナルド」を展開する日本マクドナルドは8月27日、原田泳幸・会長兼社長兼CEOが退任する人事を発表した。後任には、かつて日本マクドナルドでマーケティングや経営改革担当の執行役員を務めたカナダ出身のサラ・カサノバ氏が就任する(写真は会見終了後に握手する原田氏〈左〉とカサノバ氏〈右〉)。

原田氏は日本マクドナルドの親会社(持ち株会社)である、日本マクドナルドホールディングス(以下、ホールディングス)の会長兼社長兼CEOと、日本マクドナルドの会長を引き続き兼務する。

異例の時期の社長交代に、「退任ではない」

27日に都内で開かれた記者会見の場で、原田氏は「退任ではない。マネジメントを強化する」と宣言。そのためにはカサノバ氏が事業会社である日本マクドナルドの社長になることが必要であると説明した。

カサノバ氏は1965年生まれのカナダ人女性。91年にマクドナルドカナダに入社後、マクドナルドロシア・ウクライナのマーケティングシニアディレクターに就任して、マクドナルドのロシア1号店の出店を担当。04年から09年までは、日本マクドナルドでマーケティングや経営改革を担当する執行役員・上席執行役員を務めた。

日本での在任中、同氏はえびフィレオやメガマック、クォーターパウンダーといった商品のマーケティングも担当している。その後はマレーシアやシンガポールのマクドナルドを統括し、今回の日本マクドナルド社長就任に至った。

次ページ異例の時期に社長交代するのは…
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT