マクドナルド「原田神話」、終わりの始まり 原田社長、中核子会社トップの座ついに譲る

拡大
縮小
カサノバ氏は「日本のチームと協力して、さらに強い基盤をつくる」と表明

カサノバ氏は日本の外食産業の事情に詳しく、各国のマクドナルドで経験を積み、さらにマーケティングやマネジメントの経験を持っている。日本の外食市場の縮小が続く中、「一刻も早く売り上げを回復させるために、8月という異例の時期に社長交代を行った。私は“ベストタレント”だと思っている」と原田社長は話す。

カサノバ氏は「グローバル化推進に意欲」

今後、注目すべき点は、カサノバ新社長がどういった手を打つのか、そして原田社長はいつまで持ち株会社であるホールディングスのトップにとどまるのか、の2点にある。

日本マクドナルドは原田氏のリーダーシップの下、海外マクドナルドと戦略を一体化して、成功事例の導入を進めてきた。100円マック、プレミアムローストコーヒー、クォーターパウンダーといった商品の投入に加え、最近では店舗デザインや人材育成についても、グローバルのマクドナルドと一体化を進めている。

原田氏は「米マクドナルドコーポレーションの資産としては、ビジネスモデル、人材、メニューなどが独自の強みだ。これをもっと日本と連動するところにビジネスチャンスがある」と強調。

カサノバ氏も、「マクドナルドは日本で強力なビジネスの基盤を築いてきた。日本のチームと協力してさらに強い基盤をつくる。優先すべき事項は最高の顧客体験だ。デリバリーはエジプト、マックカフェはオーストラリア、ドライブスルーはアメリカ、マックフルーリーはカナダの成功事例だ。こうしたものについて、(各国のマクドナルドと)コミュニケーションを密にしてアイディアを交換したい」と、日本マクドナルドのグローバル化推進に意欲を見せる。今後は全国各地の店舗を回って、スタッフやFCオーナーと話し合いの機会を設ける予定だという。

次ページ“原田神話”終わりの始まりか
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT