マクドナルド原田社長、初の連続減益

「100円マック消えた」報道も一因?

巨大な氷を前に、「マックフロート」など夏のアイスデザートの発表会見に臨んだ、日本マクドナルドホールディングスの原田泳幸会長兼社長(7月23日撮影)

「バリューピックス(低価格メニューの拡充策)を開始したにもかかわらず、お得感が下がることはありえない。申し上げにくいことだが、メディアが“100円マックは消えた”と報道したせいではないか」――。

8月9日に開いた決算会見の場で、日本マクドナルドホールディングスの原田泳幸会長兼社長はそう漏らした。

原田社長就任後、2年連続営業減益は初

原田社長が嘆くのもムリはない。同日発表されたマクドナルドの2013年1~6月期決算は、売上高が前年同期比11%減の1297億円、営業利益が同41%減の70億円と、大幅な減収減益に沈んだ。

今期の通期(13年1~12月)についても、期初計画(2月発表)に対し、売上高は45億円減額の2650億円、営業利益は52億円減額の200億円へと引き下げた。前期比では売上高が10%減、営業利益が19%減となる。

マクドナルドは前期(12年1~12月)も減収減益に終わっていた。2年連続での営業減益は、原田社長が2004年にマクドナルドのトップに就任して以来、初めてとなる。

大幅減益の理由は、既存店の不振に尽きる。2013年1~6月期の既存店売上高は前年同期比で6.3%も落ち込んだ。

次ページ大型キャンペーンの効果は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT